この星の格闘技を追いかける

【UFC157】第一試合からファン大歓声、体重超過バレルが勝利

2013.02.24

<キャッチウェイト/5分3R>
ナフション・バレル(米国)
Def.3-0:30-27, 29-28, 29-28
ユーリ・ビルフォート(ブラジル)

体重を5ポンド以上オーバーしたバレルが、ワンツーで前に出る。ユーリは右ローをキャッチしてテイクダウンを奪うと、立ち上がろうとするバレルからハーフバックへ、そのまま首に腕を回したビルフォートは絞めを狙う。バレルは立ち上がり腕を剥がしていく。バランスを崩しガードを取ったユーリをスタンドで待ち構えるバレル。レフェリーがブレイクを掛けて、試合がスタンドに戻ると、バレルのパンチ+蹴りにユーリもローを蹴り込んでいく。

バレルのワンツー、ボディがユーリを捉える。ユーリもフックで前に出るが、ローに右ストレートを合わされダウン。ここでユーリはヒザ十字狙いからトップを取るも、バレルもスイッチして立ち上がる。そのバレルを追いかけてパンチを打ち込んだユーリ、ケージ際で激しいパンチの応酬が見られた。

2R、左ジャブから左フックを伸ばすバレル。ユーリはローを放ち、ボディからさらにローを続ける。右のアウトローに苦しみながらキャッチして崩したバレルは、ここでもグラウンドに移行はしない。フックの応酬から前蹴りを見せたユーリに対し、バレルがアッパーを突き上げる。中盤、右ハイが顔面を掠めた直後にバレルが、左ジャブから再びアッパーをヒットさせる。

バレルは右フックを振るうも、ユーリもフックから左ボディフックを返す。ケージ際の組合となり、ユーリがヒザをボディに。バレルは左ジャブから右ローを走らせる。鼻血を流したユーリの前進をジャブで止めようとするバレルだが、ユーリはパンチを被弾しながらも前に出続けた。

最終回、ダブルレッグでテイクダウンを奪ったユーリは、バックから振り落とされてもスイープでトップへ。バレルは再びスイッチから立ち上がる。ワンツーを打ち込んだバレル、ユーリは姿勢を崩しながらテイクダウンに成功すると、ここでもバックへ。立ち上がるバレル、バックからヒールフックを仕掛けたユーリにパンチを連続で見舞う。足を取り換えたユーリだが、パウンドの連打で再び流血に。シングルレッグを仕掛けたユーリは、バレルのギロチンを切り抜け一旦は尻餅をつかせる。

すぐに背中を譲りながら、立ち上がったバレルが胸を合せる。残り1分、ケージ中央に戻った両者。ユーリは打撃戦を避けてテイクダウンを狙うが、バックを取ってもすぐに胸を合わされてしまう。荒いフックの応酬から組みついてバックに回ったユーリ。最後の10秒は足を止めて両者が打ち合い、ファンの大歓声のなか試合はタイムアップを迎えた。結果、3-0でバレルが勝利を手にしたが、体重超過の勝利はどこか後味の悪さを残してしまう。

PR
PR

関連記事

Movie