この星の格闘技を追いかける

【UFC FUEL07】大危機乗り切り、テフナがジモーに逆転勝ち

2013.02.17

<ライトヘビー級/5分3R>
ジェイムズ・テフナ(オーストラリア)
Def.3-0:29-27, 29-28, 29-28
ライアン・ジモー(カナダ)

左を打ち込んで前に出たジモー、組みついてテフナがケージに押し込む。そのまま両者の動きが止まるとレフェリーがブレイクを命じる。再開後、ジモーの左ハイがテフナの顔面に蹴り込まれダウンを喫する。そのままパウンドを連打されたテフナだが、なんとかケージ際に移動して立ち上がる。起死回生を狙ったギロチンも頭を抜かれ、腕十字は担がれてパスを許してしまう。

足を戻したテフナは、パウンドを余り落さないジモーにガードからエルボーを打ち込む。ジモーが安全策を取ったこともあるが、テフナは何とか初回を粘り切った。2R、左の蹴りを多用するジモーに組みついたテフナだが、テイクダウンには至らない。体を入れ替えたテフナが、ついにテイクダウンを奪うと、そのままサイドコントロールへ。

動きが止ったジモー、ブリッジで暴れるもしっかりと抑え込まれる。ハーフに戻したジモーに対し、テフナは左のエルボーを連打し、右を落す。ジモーもほとんど動けない状態で攻撃を受けて、このラウンドの終了を待った。

最終回、両者動きが緩慢になるなか、ジモーが組みついてケージにテフナを押し込む。細かいパンチを入れながらも、この攻防が続くとテフナが体をいれかえ、思い切りエルボーを打ち込む。たまらず距離をとったジモーは、ケージにドライブされると、体を入れ替える。再び態勢を変えたテフナがジモーの背中をマットにつかせるや、エルボーを連打。残り1分を切り、起き上がろうとしたところでパンチを受けるジモーは、最後までタフなのパウンドを受け試合終了を迎えた。結果、テフナが逆転判定勝ちを収めている。

PR
PR

関連記事

Movie