この星の格闘技を追いかける

【ONE27】デェダムロンが快挙達成! ルンピニー&MMA世界王者が誕生

<ONE世界ストロー級王座決定戦/5分5R>
デェダムロン・ソー・アミュアイシルチョーク(タイ)
Def.3-0
ロイ・ドリゲス(フィリピン)

元ルンピニースタジアム3階級王者のデェダムロンがMMAでの王座奪取に挑んだ。サウスポーのドリゲスが左ストレートで飛び込み、タックルに入る。一度はテイクダウンを許したデェダムロンだが、すぐに反転して立ち上がり、がぶりからフロントチョークを狙う。これを嫌ったドリゲスが自らマットに寝ると、デェダムロンはすかさずサッカーボールキックを放ち、距離を取ってスタンドを要求した。

再開後、デェダムロンが右の飛びヒザ蹴り。ドリゲスがそれをキャッチしてタックルへ。デェダムロンはタックルを潰してマウントポジションを奪う。ドリゲスも下から足を絡めて足関節を狙うが、デェダムロンはしっかりとディフェンスする。最終的にインサイドガードでトップに収まったデェダムロンは、右手でドリゲスの右手を背中越しに掴んで固定。がら空きになったドリゲスの顔面にヒジを落とす。デェダムロンがトップポジションのままラウンド終了となった。

2R開始早々、ドリゲスがダブルレッグでテイクダウンを奪う。ガードポジションのデェダムロンは下からドリゲスの顔面にヒジを入れる。ここで両者の動きが止まり、ブレイクとなる。再開後、デェダムロンは右ストレートと右ヒジ、ドリゲスのタックルを切るとボディにヒザ蹴りを突き刺す。

ドリゲスも必死に組みついてデェダムロンをケージに押し込むが、デェダムロンはわずかなスペースを作ってはボディにヒザを突き刺す。さらにケージに背中を預けた状態でドリゲスのダブルレッグを切り、ボディに強烈なヒジ打ち。ドリゲスが引き込み気味に下になると、すぐさまマウントポジションを奪う。1R同様にドリゲスは足を絡めて足関節を狙うが、デェダムロンは立ち上がる。

試合がスタンドに戻るとデェダムロンはドリゲスのボディに右のヒザ蹴りと右ミドル。タックルを切ると離れ際に左ハイを放ち、ヒジ・ヒザで猛攻に出る。ドリゲスも何とかシングルレッグでテイクダウンを奪うが、有効打がないままラウンドを終える。

3R、じりじりと前に出るデェダムロンがインローと右のヒザ蹴り、ドリゲスがパンチで前に出ようとすると右ミドルで止める。まるで立ち技の試合のようにミドルでドリゲスをコントロールするデェダムロン。ドリゲスもデェダムロンのインローにパンチで飛び込んで反撃する。

しかしデェダムロンが首相撲からボディにヒザ蹴りを突き刺すと、ドリゲスの動きが止まる。タックルを切られたドリゲスが亀になり、デェダムロンはサッカーボールキックを連打。立ち上がったドリゲスをテイクダウンしたデェダムロンは、マウントからヒジを連打。ドリゲスがフルガードに戻し、両者の動きが止まるとレフェリーはブレイクを命じる。

再開後、ドリゲスのタックルを切ったデェダムロンがマウントへ。ドリゲスは下から足を絡ませて足関節を狙うが、技の形を作るまでに至らず。デェダムロンがトップポジションをキープした。

4R、左右のボディ打ちで前に出るドリゲス。ここでデェダムロンの指が目に入り、インターバルが与えられる。再開後、顔面とボディへのフックで飛び込むドリゲス。デェダムロンはヒザ蹴りで迎え撃ち、パンチを空振りしたドリゲスの後ろに回り込んでトップポジションを奪う。

ここは両者とも動きがなく、すぐにブレイクとなる。ブレイク後、パンチで前に出るドリゲス。ここでデェダムロンが放ったインローがローブローとなり、ドリゲスに2度目のインターバルが与えられる。再開後、デェダムロンは右ミドル・右のヒザ蹴り、右ストレートと右ハイキック。ドリゲスは蹴り足をキャッチしてテイクダウンを奪う。

デェダムロンのガードを超えて上四方で抑え込むドリゲス。しっかりとポジションをキープして頭部にヒザ蹴りを落とす。デェダムロンはドリゲスの身体にホールドしてブレイクを待つ。ブレイク後、デェダムロンが右ミドル、ドリゲスは左フックを返す。最後は組みの攻防で4Rを終えた。

最終ラウンド、左フックで前に出ていくドリゲス。デェダムロンは右ストレートを返す。デェダムロンが右ミドルを蹴ると、ブロックするドリゲスがすぐに左ボディを返す。デェダムロンの右ミドルとドリゲスの左ボディが何度も交錯するが、蹴りの威力で勝るデェダムロンが前に出る。

さらにデェダムロンは右ストレートを当て、首相撲からヒザ蹴りをグサリ。飛びヒザ蹴りもヒットさせ、ドリゲスを一方的に攻め込む。そしてデェダムロンが右ストレートと右ヒジ、これが顔面をとらえると、ドリゲスが距離を取ってレフェリーにサミングをアピールする。

サミングはなかったように見えたが、レフェリーはドリゲスのアピールを受け入れて、一旦、試合をストップする。するとそのまま試合終了→判定となり、デェダムロンの判定勝利が告げられた。最後は不透明裁定となったが、デェダムロンがストロー級王座を獲得。ルンピニー&MMA世界王者という快挙を成し遂げた。

PR
PR

関連記事

Arzalet

Road FC43

Movie