この星の格闘技を追いかける

【WPJJC 2015】女子無差別は準決勝でガビを下したマッケンジー・ダーンが優勝

4月22日(水・現地時間)から25日(土・同)にかけて、アラブ首長国連邦アブダビのザイード・スポーツシティ内のIPICアリーナにて、アブダビ・ワールド・プロフェッショナル柔術チャンピオンシップ2015が開催された。

WPJJC2015、最終回は女子無差別級の戦いをお伝えしたい。

<女子無差別級準決勝/6分1R>
マッケンジー・ダーン(ウマイタ)
Def. 0-0 アドバンテージ 1-1 (ガルシアにマイナスアドバンテージ)
ガビ・ガルシア(アリアンシ)

ここ最近世界で観客を沸かせ続けている、体格差女子対決がここでも実現。ダーンが健闘はするものの最後は圧倒的な体格を持つガルシアが一本勝ちを収める展開が続いているが、今回はどうなるか。

引き込んでオープンガードを取ったダーンに対して、ガルシアは体重を浴びせてダーンを二つ折りにしてパスを狙ってゆく。膝と胸がくっつくような状態になってしまっているダーンだが、全身をバネを総動員して動いて隙間を作って足を入れてゆく。やがてクローズドガードを作ったダーンにして、ガルシアは体勢を低くしてダーンの上半身を抱えて、いわゆるサンパウロパスの形に。片足を超えられ絶体絶命かと思われたが、ダーンは膝を入れて戻すことに成功。ダーンの健闘に場内からは大歓声が巻き起こる。ちなみにここまでの時点で、パスの圧力を掛け続けているガルシアにアドバンテージが一つ入っていた。

再びオープンガードを取るダーンに体重をかけて二つ折りにしたガルシアは、ズボンを背後から掴むと、何度そのままダーンを持ち上げ、空中で後方回転させるように着地させてその背後に。場内がどよめくなか、そのまま雪崩込むようにダーンを倒して上に。特に立つ意志のなかったダーンを。無理矢理リフトして立たせてから倒してグラウンドに持ち込んだこの動きを、レフェリーはテイクダウンを取らず。

その後も、ガードに戻したダーンと、それを二つ折りにしてガードを超えようとするガルシアの攻防が続いたまま試合終了を迎えた。試合を優勢に進めた上でアドバンテージを取ったガルシアの勝利かと思われたが、レフェリーが挙げたのはダーンの手!! 大歓声のなか満面の笑顔を魅せるダーンに、やや不満げな顔をしたガルシアはそれでも笑顔を作って称えた。

負荷かいな裁定の原因は、どうやら中盤にダーンを背後から倒したにもかかわらずテイクダウンが入らなかった時に、ガルシアはレフェリーに抗議をしてしまい、それでマイナスアドバンテージを取られてしまったから。確かにあの一連の攻防をテイクダウンと解釈することは不可能ではないだろうし、それでなくてもパスのプレッシャーでダーンを後転させたのだから、アドバンテージに値する攻撃だったとはいえるだろう。あの場面でアドバンがあればガルシアの勝利だっただけに、彼女には気の毒な裁定となってしまった。

それにしても、体格差を乗り越えて6分間パスを許さずに闘い抜いたダーンの勇気と技術には感服するばかり。ダーンはそのまま決勝もヴァネッサ・オリヴェイラに勝利し、女子無差別級を制覇。また体重別においても宿敵ミシェル・ニコリニも下して優勝を飾っており、この大会MVP級の大活躍を見せた。

■WPJJC2015 黒帯リザルト

【65キロ以下級】
優勝 ジャンニ・グリッポ(アリアンシ)
準優勝 イサッキ・パイヴァ(サイコー)
3位 ジルソン・ヌネス(エヴォルーションファイトチーム)

【75キロ以下級】
優勝 ルーカス・レプリ(アリアンシ)
準優勝 ガブリエル・ロウロ(チェッキマット)
3位 ホベルト・サトシ・ソウザ(ボンサイ・ジャパン)

【85キロ以下級】
優勝 レアンドロ・ロ(シセロ・コスタ)
準優勝 ヴィクトー・エスティマ(グレイシー・バッハ)
3位 キーナン・コーネリアス(アトス)

【95キロ以下級】
優勝 フィリッピ・ペナ(グレイシー・バッハ)
準優勝 ジャクソン・ソウザ(チェッキマット)
3位 ルイス・パンザ(バルボーザ)

【95キロ以上級】
優勝 マーカス・アルメイダ(チェッキマット)
準優勝 アレキサンダー・トランス(UAE柔術)
3位 イゴール・シウバ(コマンドグループ)

【女子無差別級】
優勝 マッケンジー・ダーン(グレイシー・ウマイタ)
準優勝 ヴァネッサ・オリヴェイラ(コマンドグループ)
3位 ガビ・ガルシア(アリアンシ)

【男子無差別級】
優勝 マーカス・アルメイダ(チェッキマット)
準優勝 アレキサンダー・トランス(UAE柔術)
3位 レアンドロ・ロ(シセロ・コスタ)

PR
PR

関連記事

大会予定(現地時間)

Arzalet

Road FC43

Movie