この星の格闘技を追いかける

【UFC FOX06】日沖、TDグイダにスプリット判定で敗れる

<フェザー級/5分3R>
クレイ・グイダ(米国)
Def.2-1:28-29, 30-27,29-28
日沖発(日本)

大グイダ・コールのなか、試合はスタート。前に出るグイダ。日沖は距離を取る。左を合せようとする日沖は、サウスポーからオーソと構えを変える。グイダは左を伸ばし、右ボディ。日沖もボディを二発入れる。飛び込んで右フックのグイダ、日沖は右ボディフックを入れる。一度組みついた日沖だが、無理せず距離を取りなおす。

サウスポーから左ローを入れた日沖、グイダのテイクダウン狙いを切ると、左フックを放つ。右ストレートから組みついたグイダは、すぐに距離をとりなおす。残り1分45秒でダブルレッグダイブを決めたグイダ、日沖は手首を掴み三角絞めを狙うが、足を下から払い上げたグイダがトップをキープ。立ち上がろうとする日沖にダブルレッグを見せたグイダだが、日沖はアームロックの態勢からがぶって立ち上がる。残り10秒、グイダのテイクダウン狙いを切った日沖だったが、テイクダウンで初回を落した。

2R、日沖を肩口に持ち上げてスラムで落したグイダ。日沖はスイッチを見せ、場内は大グイダコールに。引き込みアームロックの状態に入った日沖、グイダはパスを合せて逃れようとする。腕十字の態勢に入ろうとした日沖だが、グイダがスラムするように腕をひきぬく。

日沖がクローズドを取ると、足を抜きにかかるグイダ。日沖は足を戻し、ガードからエルボーを見せる。グイダの右エルボーを防いだ日沖、足を抜かせないでいるとブレイクがかかる。ラウンド終了間際に日沖は左前蹴り、そして左ハイを入れたが、このラウンドも落したか……。

3R、左ボディフックから右を振るう日沖、打撃を狙いだすと腰が高くなり、テイクダウンを許す。直後の三角狙いを小さくスラムするグイダ。日沖はハイガードのまま下からエルボーを繰り出す。これを凌いだグイダは、ハーフへ。残り2分30秒、苦しくなってきた日沖。足を戻し、ケージ際に移動して立ち上がろうとする。腰をコントロールして立たせないグイダ。

スラムが待っており、なかなか自分の姿勢で起き上がれない日沖にグイダは、ヒザをボディに見舞う。スイッチの日沖、レフェリーがブレイクへ。残り30秒、左をのばす日沖だが、クリーンヒットのないまま最後に組みつかれタイムアップに。裁定は1-2でグイダへ。ジャッジ一人が日沖に入れたのが意外といっても良い完敗だった。

PR
PR

関連記事

Arzalet

Movie