この星の格闘技を追いかける

【UFC FX07】最終Rの危機を乗り切ったマークス、UFC負けなしの3連勝

2013.01.20

<ミドル級/5分3R>
ホニー・マークス(ブラジル)
Def.3-0:29-28, 29-28, 29-28
アンドリュー・クレイグ(米国)

右を打ち込んで前に出るマークス。距離を取るクレイグ。前進してきたマークスにクレイグがフックを放つ。マークスは組みついてドライブ、右ワキを差したクレイグがヒザを狙うと、マークスは低く頭を下げてシングルレッグへ、尻餅をついたクレイグが立ち上がるところで、バックについたマークスは、胸を合せてボディロックからテイクダウンを奪う。

ケージ際まで下がり立ち上がろうとしたクレイグのバックに回って、後方に引き倒すと足をフックしたマークスがバックマウントへ。頭がケージに詰まり、窮屈な態勢から腕十字に移行したマークス、クレイグがこれを防いだところで初回が終了した。

2R、ワンツーを振るいながら前に出てくるマークスにカウンターを当てようとするクレイグだったが、続くダブルレッグでテイクダウンを奪われる。腰をコントロールし、クレイグの頭をケージ中央にもっていったマークスが、ハーフからキムラアームロックへ。手首を組み替え、サイドを取ったマークスが力を込める。クレイグは腹の前にクラッチされた手首を移動させ、ピンチを逃れる。

ケージに押し込まれてもテイクダウンを許さなかったクレイグは残り30秒、ブレイクで仕切り直しの機会を得るも、何もできないまま2Rはタイムアップを迎えた。3Rも組みついて、ケージにクレイグを押し付けるマークス。疲れ隠せず、クレイグの右を受けてバランスを崩すと、ディープハーフからエルボーを受け続ける。

たまらずクレイグの頭を引き寄せ、ディフェンスに徹し切るマークスは、一転大ピンチを迎える。ハーフからワキを差して、シッティングから立ち上がろうしたマークスの上体をクレイグが押し潰しトップをキープする。スタンドに戻ると、フライングニーを見せたクレイグだが、直後に組みつかれタイムアップに。最終ラウンドの逆襲もKOに至らなかったクレイグ。結果、マークスがジャッジ3者とも29-28をつける判定でUFC3連勝を達成した。

PR
PR

関連記事

Movie