この星の格闘技を追いかける

【Strikeforce】意外に手強いホロボウグにも、ヒーリー持ち味発揮

<ライト級/5分3R>
パット・ヒーリー(米国)
Def.3-0:30-27,30-27,29-28
カート・ホロボウグ(米国)

打撃の交換で体が沈んだヒーリーだが、すぐに組みついていく。ホロボウグは逆にヒーリーをケージに押し込みボディの連打を繰り出す。離れてもローから左ストレートなど力強い打撃を見せるホロボウグだったが、組みついたヒーリーがテイクダウンを奪う。十字狙いのホロボウグを制して、左のパウンド&鉄槌を落すヒーリー。執拗に腕十字を狙ったホロボウグは、オモプラッタに移行しアンクルロックへ。ヒザが緩く、ヒーリーは体を捻ってエスケープすると、パスのプレッシャーから左のパウンドを落す。

パスを許した直後に足を戻し、正対しながら立ち上がったホロボウグ。ヒーリーはシングルからダブルに移行して、バックへ回りこむ。後方に叩きつけたホロボウグは、そのままバックに回り込もうとしたが、前方に落される。逆に立ち上がり際にバックに回り込んだヒーリーが、残り15秒でスタンドのリアネイキドチョークへ。そのまま初回が終了した。

2R開始直後も激しい打撃戦を見せた両者、ヒーリーがダブルレッグでテイクダウンを奪う。担ぎパスからマウント、バックマウントに移行したヒーリーが、ホロボウグの背中を伸ばしに掛かる。腰を浮かしたホロボウグ、ヒーリーは前方に落されながら足関節へ。さらに上に取りに来たホロボウグから、巧みにバックを奪う。バックを取った状態で寝技に持ち込んだヒーリーは、胸を合せに来たホロボウグとのスクランブルをここでも制し、ポジションを入れ替えながらバックを取り返す。

ガードからオモプラッタを再び狙ったホロボウグに対し、ヒーリーはサイドを取り横三角のように固定し打撃を入れる。ホロボウグがガードに戻すも、ハーフでトップをキープしたヒーリーがスクランブル合戦をモノにした。

最終回、またも序盤は激しい打ち合いとなり、ホロボウグはヒーリーのテイクダウンを切りながら、勢いのあるパンチを打ち込む。2度目のテイクダウン狙いもがぶられたヒーリーだが、ここは腕関節狙いを防ぎ、トップを奪取する。ホロボウグはまたもオモプラッタの状態へ。回転して逃れたヒーリーは、ここでも立ち上がり際でホロボウグのバックへ回る。

ハーフバックでしっかりと状態を抑え、肩固めへ移行したヒーリー。ホロボウグは腕をクラッチし懸命に応えるも、ハーフから足を抜いたヒーリーがサイドへ。ホロボウグは左に向きを変え、何とか逃れる。ヒーリーはツイスターからトップへ。鋭いパウンドを落して、タイムアップを迎えたヒーリー、ホロボウグの健闘が目立った試合でも、しっかりと持ち味を発揮し判定勝ちした。

PR
PR

関連記事

Road FC45

HEAT41

Movie