この星の格闘技を追いかける

【Bellator136】ブラジル人対決はテイシェイラが逃げ切り、スプリット勝利

<フェザー級/5分3R>
ジョン・テイシェイラ(ブラジル)
Def.2-1:29-28,29-28,28-29
ファブリシオ・グェレーロ(ブラジル)

右を伸ばすグェレーロ、テイシェイラもパンチを返すと逆に左フックをヒットさせる。長身から左ローを蹴り込んだグェレーロだが、テイシェイラが前に出て左右のフックを放つ。グェレーロがハイキック、これはブロックされたが右ストレートを入れる。グェレーロがケージを背にした状態で、勢いのあるテイシェイラのフックを被弾する。ケージの前を移動するようになったグェレーロ、テイシェイラはボディを放つ。

ジャブを受けても構わずフックを返すテイシェイラ。グェレーロがテイクダウン狙いから片足をキャッチする。体を捩じるようにエスケープを試みたテイシェイラに対し、その動きに合わせてグェレーロがアキレス腱固めを繰り出す。そのまま体を捩じり続け足を抜いたテイシェイラ、自然と背中を見せたところでグェレーロがバックへ。テイシェイラが離れる──素晴らしいスクランブルが見られた。

2R、左フックを打ち合った両者。テイシェイラが右フックを振り回し前へ。組んだグェレーロは、ケージ際で大外刈りを繰り出す。テイシェイラが耐えると、グェレーロは体力の消耗を嫌がったか自ら離れた。直後にテイシェイラの右フックがヒットし、グェレーロが打撃戦を避けるようにテイクダウンへ。これを切ったテイシェイラが左フックを入れる。動きが落ちたグェレーロ、テイシェイラは右ストレートに右フックを合わせる。勢いが上のテイシェイラは、無理に攻めずにカウンター狙い。自分から動いては右ボディフック、左からワンツーを繰り出す。

残り100秒でテイシェイラがテイクダウンを決める。失速したグェレーロ、キムラ狙いも肩固めで切り返される。ヒジをマットにつけて防いだグェレーロは、続くキムラ狙いにバックマウントを許す。立ち上がったグェレーロにテイシェイラはRNC。グェレーロが前転したところで2Rが終わった。

3R、最後の5分にも慎重な立ち上がりのグェレーロ。初回は自分のラウンドという認識か。テイシェイラも待ちの姿勢で、間合いを測る展開が続く。グェレーロが右ローを入れたぐらいで手数が少ない両者。グェレーロは前蹴り、テイシェイラは左フックを伸ばす。相手のパンチに距離を取る、あるいはブロックするという展開のなかでグェレーロが残り半分でダブルレッグを決めトップを奪取する。

足を引いて立ち上がったテイシェイラにグェレーロがダースチョーク。すぐに頭を抜いたテイシェイラだったが、グェレーロが払い腰でテイクダウンに成功する。腹固めの形でテイシェイラを潰しつつRNCを仕掛けるグェレーロが、最終回をリードする。と、テイシェイラがスイッチからバックを窺うも、その動きを上回ったグェレーロがバックコントロールから勢いのあるパンチを連続で入れる。ここで試合はタイムアップに。2Rはテイシェイラ、最終回はグェレーロ。初回をどのように判断されるか。結果、テイシェイラがスプリットで判定勝ちを収めた。

PR
PR

関連記事

Arzalet

Road FC43

Movie