この星の格闘技を追いかける

【Pancrase265】北岡悟、アキラを倒しワールドスラム優勝。「DEEPも最高。パンクラスも最高!!」

Satoru Kitaoka vs Koyama【写真】1R終盤にギロチンに誘い込むまでの流れも見事だった北岡(C)MMAPLANET

<ワールドスラムT決勝戦ライト級/5分3R>
北岡悟(日本)
Def.3-0:30-27,30-27,29-27
アキラ(日本)

右ハイから右フック、即シングルレッグでテイクダウンを奪った北岡。アキラはすぐに立てずに背中をつける。右側にパスした北岡はサイドから抑え込み、アキラは下から細かいエルボーを入れる。ボディにパンチとエルボーを落とすと、北岡は右手を頭の下に入れる、引き続きボディに左の拳を落とす北岡に対し、アキラは足を戻すことができない。ノースサウスチョークの態勢に入りつつ、サイドに戻った北岡は上四方へ。再びサイドに戻り抑え込みを続け、ボディに左の拳を入れ続ける。

腰を切れないアキラに対し、北岡は上四方からノースサウスチョークへ。残り10秒で首を抜き、腹這いになったアキラに対し、北岡は待っていましたとばかりギロチンへ。ここはアキラがタイムまで耐えきった。

2R、初回を10-9が2人、10-8が1人とリードした北岡は、シングルからケージにアキラを運びダブルレッグへ。頭を押して耐えるアキラだが、腰をコントロールされテイクダウンを許してしまう。すかさず足を跨いで立たせない北岡、太腿裏でクラッチし無限ループの序章へ。と、動かないという選択をしたアキラ陣営。左腕を差すものの起き上がり際に北岡はがぶってヒザ蹴りを入れる。

残り2分、手をマットについてヒザ蹴りを受けないようにするアキラは、続く北岡のダブルレッグを切ってスタンドへ離れることに成功する。アキラのパンチに組んだ北岡だが、スプロールされると引き込んでガードへ。腹這いになって起き上がろうとする北岡を逆にがぶったアキラだが、残り20秒になって距離を取られる。打撃を入れることができずにこのラウンドも終了。ジャッジ2人が10-9で北岡、残る1人が10-9でアキラを支持した。

最終回、右フックから組んだ北岡は全てを賭けた様なドライブを見せてケージに突っ込みテイクダウンを奪うと即、足を束ねてアキラに背中をつかせる。ハーフで万全の態勢になった北岡はここでパス。エビからケージを蹴ろうとするアキラが、正対して足を取りにいく。立ち上がると、ここでも首を抱えてヒザを入れる北岡。アキラはヒザをつくが、北岡が腹固めへ。腕を抜いて胸を合わせたアキラが、北岡をケージに押し込む。これもがぶった北岡はダブルレッグへ。ケージに押し込まれた状態のアキラは、側頭部へエルボーを落とすのが精いっぱい。

残り試合1分となり、北岡の押し込みが続く。北岡は最後までアキラを押し込み続け、タイムアップに。マスト判定は30-27、30-27、29-27で北岡の判定勝ちに、ワールドスラム優勝を決めた。「DEEPも最高の団体ですが、パンクラスも最高です。戻って来られて嬉しいです。僕がパンクラス、僕が今のパンクラス。文句あるかっ!! 徳留、セミで勝ったみたいだけど、僕とやるのはまだ早い。皆で潰して合って勝ってください。僕と戦えるのは1人」と絶叫アピールした。

PR
PR

関連記事

Tokyo Int JJC

Movie