この星の格闘技を追いかける

【Pancrase265】TD vs打を制した荻窪が、スプリットで獅庵を破る

Yusuke Ogikubo vs Shian【写真】獅庵のパンチは不発。それよりも、何度も同じパターンで攻められる事の方が問題だったか(C)TAKUMI NAKAMURA

<スーパーフライ級/5分3R>
荻窪祐輔(日本)
Def.2-1:30-27, 29-28, 28-29
獅庵(日本)

遠い位置に立つ荻窪が、前に出てくるところに右フックを打ち込んだ獅庵。崩れた荻窪の足を払いながらパンチを連打する。自らスタンドに戻り、距離を取った獅庵に対し、荻窪が組みついてバックにつく。自ら後方に尻餅をつくように寝技に持ち込もうとする荻窪に対し、獅庵は頭をケージに押し込んでテイクダウンを許さない。ついにデカゴン中央で獅庵を亀の態勢に追い込んだ荻窪は背中を取って左足を絡ませる。残り10秒で後方からパンチを入れた荻窪が初回を10-9×3で取った。

2R開始早々、組んでバックに回りこんだ荻窪。獅庵は胸を合わすことができない。後方へパンチを入れる獅庵は向き合うとパンチからヒザを突き上げる。離れて飛びヒザ、右ストレートはヒットさせた獅庵だが、右の振りが大きくなり、組まれてバックを許す。ここでは上をしっかり取った獅庵がパウンドを落とす。パウンドを大きくなり、荻窪が組みながら立ち上がる。離れた両者、荻窪のサポーターに不備が見つかり試合が中断。再開後、獅庵がミドルを蹴りこみ、右を打ち込むも組みついた荻窪が、ここでもバックへ。両足をフックした荻窪、背中が伸びた獅庵だが後方にパンチを入れる。このラウンドはジャッジ2人が10-9で荻窪、1人が10-9で獅庵をつけた。

最終回、獅庵は組んでくる荻窪に右アッパーを入れるが、がむしゃらに組みついてきた荻窪にテイクダウンを許す。ここでもバックに回った荻窪が両足をフックする。キープすれば勝利する荻窪だが、残り2分30秒で胸を合わせた獅庵が立ち上がる。試合がスタンドに戻ると、右ストレートでダウンを奪った獅庵。ガードを取った荻窪の左目が大きく腫れ上がっておりドクターチェックが入る。再開後、パンチを打ち込み猛反撃に出た獅庵だったが、懇親の力を込めたハイキックは空振りに。ダブルレッグから寝技に持ち込んだ荻窪がまたもバックマウントへ。そのままタイムアップとなり、スプリット判定で激闘を制した。

PR
PR

関連記事

Tokyo Int JJC

Movie