この星の格闘技を追いかける

【Pancrase 265】牛久がTD+トップコントロールで7連勝達成

Ushiku vs Matsuoka【写真】牛久がテイクダウンし、松岡が立つという展開が多く見られた(C)TAKUMI NAKAMURA

<フェザー級/5分3R>
牛久絢太郎(日本)
Def.3-0:30-27, 30-27, 30-27
松岡嵩志(日本)

現在、デビュー以来6連勝中の牛久。いきなり左ハイを見せた牛久に対し、松岡は右ローを返す。最初に組みついたのは牛久、松岡は腰に手を回されるが立ち上がる。ヒザをボディに突き上げる松岡を前方に崩すも、すぐにケージを背にスタンドに戻られる。直後に腰を引き寄せた牛久がテイクダウンを奪う。松岡の反応にバックマウントを取った牛久は、自らフックを外し松岡が立ち上がる。もう一度テイクダウンを奪った牛久はハーフでトップに。松岡は足を戻してバタフライからシッティング、そしてスタンドに戻る。牛久は3度目のテイクダウンを奪い、そのままマウント、さらにバックマウントに移行するも松岡が胸を合わせたところで初回終了となった。オープンスコアはジャッジ3者とも10-9で牛久を支持した。

2R、松岡の右をかわした牛久は左ジャブを伸ばし、ダブルレッグでドライブ。小内刈りの容量で尻餅をつかせる。松岡は体を入れ替えるも、牛久が首に手を回し、投げでテイクダウンを奪う。がぶってバックを伺う牛久はケージの松岡の間に入り、自ら後方へ寝転がりトップを伺う。亀の松岡、牛久はたすき掛けからパンチを入れる。足首を取とって揺さぶる牛久、松岡は右腕を差すが崩されて肩からマットへ。2Rも牛久が10-9のスコアを3つ並べた。

最終回、ケージに押し込んだ松岡が逆にテイクダウンを許し、立ち際にバックとここまでと同じ展開に。松岡は胸を合わし、一旦は離れるもボディロックから小外刈りによってデカゴン中央で倒される。松岡のハーフ&二重絡みに足を抜けない牛久は、ガードに戻されるとエルボーを落とす。このタイミングで立ち上がった松岡は、反撃ならず残り1分でまたもテイクダウンを取られる。倒されては立ち上がるという展開を3Rに渡り強いられた松岡が、最後の最後で下から組んでトップを取る。直後にタイムアップにとなり、判定3-0で牛久が7連勝を達成した。

PR
PR

関連記事

Tokyo Int JJC

Movie