この星の格闘技を追いかける

【2014-2015】クレベル・コイケ 「最強の2人と練習しているので、誰と戦っても怖くない」

Klever Koike【写真】クレベル・コイケ、柔術の強さは浸透しているが、MMAでも15勝3敗というレコードを持つ。UFCではブラジル大会出場という要素も持つ (C)MMAPLANET

2014年が終わり、2015年が始まった。2014年を振り返り、2015年に臨む──MMAPLANET縁のファイター達の声を年末年始特集としてお送りしたい。

第9 弾は紫&茶帯時代から、その強さは浸透しており、結果も残し続けてきたクレベル。その彼が2014年、アジアオープン後にようやく黒帯を巻くことが許された。そして黒帯柔術家として初めて臨んだヒクソン・グレイシー杯で早速ライト級を制している。MMAファイターとしても、着実に成長の跡を見せるクレベルに2015年の動向を訊いた。

──2014年はついに黒帯を巻くようになり、その初戦となったヒクソン・グレイシー杯で優勝もしました。

「凄く嬉しかったです。正直、黒帯になることは少し怖かったので、最初の大会となったヒクソン・グレイシー杯ではとても緊張しました。僕はまだ、本当の意味で黒帯のレベルに達していないと思います」

──なぜ、クレベル選手が黒帯になかなかならないのかと不思議に思っていました。

「僕はマウリシオやマルキーニョス(ソウザ兄弟)とずっとやってきていたので、彼らはどのタイミングで帯を変えるべきか、しっかりと理解していたんです。彼らが決めた時が、僕の帯の色が変わる時なんです。紫帯、茶帯の時にワールドやアブダビ・ワールド・プロで優勝することが夢でした。今、ようやくここまで辿り着いたので嬉しいです」

──クレベル選手は柔術だけでなく、MMAでもキャリアを重ねてきました。今後、どちらの道で世界を目指そうと思っているのですか。

「両方です(笑)。それが難しいということは分かっています。黒帯を巻くようになりました。柔術家としても戦いたいし、MMAファイターとしてもやっていきたい。けど、マウリシオ先生からも言われているように、どちらかを選ばなければならなくなってくるでしょうね。プロとして柔術を続けていきたいです。僕の人生は柔術と共にあったので。でも、MMAでもUFCまで行けると信じています」

──以前と比較して、トップを取ることが強くなっているように見えたのですが、それはMMAを考えてのことなのでしょうか。

「それは関係ないです。黒帯の柔術家は、どの試合で、どのような状況でも戦うことができないといけないです。ミスは許されない。黒帯の試合では1ポイント、1アドバンテージ、一つのミスが負けにつながっていきます。ヒクソン・グレイシー杯まで、しばらく柔術のトーナメントで出場していなかったので、この間に穴を埋めて試合に臨んだんです」

──ヨースキ・ストー選手を破っての優勝は、日本の黒帯ライト級で既にトップ3の実力があるといっても過言でないと思います。

【写真】黒帯2戦目、ブルテリアオープンは準優勝に終わったクレベル。11日にはワールドプロ予選が控えている(C)MMAPLANET

【写真】黒帯2戦目、ブルテリアオープンは準優勝に終わったクレベル。11日にはワールドプロ予選が控えている(C)MMAPLANET

「まだ、黒帯として何も証明していません。強い日本人選手とも、まだ戦っていないですから。ただし、僕は日本で一番強い、最強の2人と常に練習しています。だから、誰と試合をすることも怖くないんです。僕のアカデミーは2人の鏡がいますから。アブダビ・プロ予選に向け、また一生懸命練習します。

2014年はアブダビ・プロ予選の茶・黒に出て、決勝で細川顕選手に負けました。あの試合のようなことがないように、もっと強くならないといけないです。特に黒帯になったのだから、本当に強くなる必要があります。マルキーニョスやサトシと練習すると、僕はまだ白帯のようなものです」

──エッ、そんなことはないのでは?

「これは必ず、書いてください。僕はマルキーニョスやサトシとスパーリングをすると、10分間で10回ぐらい極められてしまいます。本当にそれぐらい差があるんです。だから、まず僕は自分のアカデミーのなかで、マルキーニョスやサトシを相手にもっとデキるようにならなければならない」

──MMAだとクレベル選手の方が経験豊富ではないですか。

「全然、全くパワーが違うし、技術も格段の差があるんです。柔術では全くレベルが違うので……。本当に2人を尊敬しています。一番尊敬しているのは、マウリシオ先生です。この黒帯はマウリシオ先生から送られたモノ、ずっと私の先生です。

柔術を始めた頃、あまりにも僕のデキが悪かったので、『もう辞めろ』って何度も言われました。ようやく、黒帯を巻けるようになった。良かったです。黒帯で優勝できたのもマウリシオ先生のおかげです」

──試合を終えると、マットの脇で雑誌の切れはしのようなモノにキスをしていましたね。

「あれはマウリシオ先生、マルキーニョス、サトシのお父さん、アジルソン先生が亡くなった時の記事なんです。あの記事を読んで、戦いの準備をしています。そして、勝利の報告をしています」

──ではMMAに関してですが、次の試合などは決まっていますか。

「まだ決まっていないです。とにかく今はアブダビ・プロ予選に集中しています。ただ、MMAのイベントから声が掛かればいつだって戦います。準備はできています」

<クレベル・コイケとMMAPLANET in 2014>

11月9日、アジアオープン柔術選手権
11月24日、ヒクソン・グレイシー杯国際柔術大会

PR
PR

関連記事

Arzalet

Movie