この星の格闘技を追いかける

【OFC24】フェザー級トーナメントはリー・カイウェンが優勝も……。

<北京フェザー級T決勝/5分2R>
リー・カイウェン(中国)
Def,3-0
ワン・ヤウェイ(中国)

フェザー級決勝もリー×ワンの一戦に。サウスポーのワンが右ジャブを伸ばす。リーは左ローを見せる。静かな立ち上がりとなり、両者の距離の取り合いが続く。レフェリーがアクションの声が掛かり、ワンが左ストレートを伸ばす。ブレイクが掛かり、両者に注意が与えられる。左ストレートから距離を詰めて組に行ったワンだが、リーの荒いフックに下がる。さらに組みに行ったワンだが、リーの右フックを受け背中を見せて逃げる。追いかけて連打を入れるリーに対し、ワンは組み付きにいくが、連打を被弾し再び背中を見せ走って距離を取る。リーも打ち疲れて手が止まると、ワンの指がリーの目に入り、試合が中断する。

ドクターチェック後、試合は再開されワンが左ストレートを狙う。序盤のような距離の取り合いのなか、ワンの前進に間合いを外したリーが前蹴りを見せるもが空振りに。残り10秒でスピニングバックフィストを空振りしたリーが、ヒザ蹴りを狙ったところで初回が終了した。

2R、ワンの左フックがヒット。前に出るもリーは右フックを2発打ち込むと距離を取り直す。左に回りながら、右フックをカウンターで狙うリー。ジャブがなく左ストレートだけ追いかけるワンのパンチは当たらず、ヒザを顔面に受ける。リーは右回りを始め、右フックを伸ばすがガードがなく危なっかしい。そこにつけ込むこともままならないワンはワンツーから左の前蹴りをボディに受けて後退。この後、リーは踏み込みない状態でフックを振るうようになり、両者揃って疲れが隠せないように。ワンのテイクダウン狙いは、リーに防がれ試合は残り30秒に。そのまま山場は訪れず、リー・カイウェンがフェザー級トーナメントで優勝した。キャリアを考えればしょうがないだろうが、中国での大会開催が増えるOFC、暫くは中国版のマッチメイクが必要となりそうだ。

PR
PR

関連記事

MW

Movie

TF ONLINE

ONE DAY