この星の格闘技を追いかける

【Invicta FC10】ロクサン、リーを振り切りスプリット判定で2連勝。打撃の成長もホンモノ!!

Roxanne vs Lee【写真】テイクダウンを奪うだけでなく、しっかりポジションを取ることでケージ・ジェネラルシップを握っていたロクサンがスプリット判定勝ちを手にした(C)ESTHER LIM/INVICTA FC

<女子フライ級/5分3R>
ロクサン・モダフェリ(米国)
Def.2-1:30-27, 29-28, 28-29
アンドレア・リー(米国)

9月のタラ・ラロサ戦で打撃の進歩を見せつけたロクサンが、2勝0敗ながらその打撃の強さで将来が有望視されているリーと対戦。互いに左ジャブを伸ばすや、リーはローを織り交ぜ右ストレートを見せる。ロクサンはダブルのジャブから左右に移動しつつ、右ストレート&右ミドルへ。さらにリーの蹴りをブロックし、パンチを入れる。打撃戦に応じたロクサンにリーが前蹴りを見舞う。顔面に左のプッシュキックを蹴りあげたリーだが、続く蹴りにロクサンがパンチから組み付くとバランスを崩す。即立ち上がったリーに対し、ロクサンはそのまま組んでケージに押し込むと、尻餅をつかせる。

リーはすぐに立ち上がるが、ロクサンが内股で投げ切りトップを奪取。ハーフで呼吸を整えたロクサンは、パンチを入れてパスに成功する。リーもフルガードに戻し、強引に腕を取りにいく。これを防いだロクサンは担ぎパスへ。懸命でハーフで耐えるリーが体を起こしたところでロクサンはギロチン。スクランブルから同体で立ち上がり、ロクサンがケージにリーを押し込んだところで初回終了となった。

2R、パンチで前に出るリーにロクサンは左ジャブを伸ばし、間合いを測る。リーは思い切り右ローを見せ、ロクサンの右ストレートにもローを合わせる。前に出ては足に蹴りを受けるロクサンは、出入りと角度をつけて距離を詰めようとする。構わずパンチで迎え撃つリーの顔面にロクサンの左ハイがヒット。動きが落ちたリーに組み付いてテイクダウンを狙うロクサンに対し、耐え切れなくなったリーが強引な投げを打つ。これを潰したロクサンが、トップを取ることに成功する。左腕を差して起き上がったリーがリバーサル。ケージ際でガードを取ったロクサンに対し、リーがパス。さらにマウントを取って右エルボーを落とす。2発目のエルボーに背中を見せたロクサンだが、そのまま胸を合わせてトップを取り返した。

残り1分を切り、ロクサンはハーフから肩固めを狙う。これは防がれるも、ロクサンは左エルボーを顔面に入れる。ケージウォークからスイープを仕掛けたリーを潰したロクサンがトップをキープしたままラウンド終了に。ロクサンは強烈なエルボーを受け、ポイントは失ったかもしれないが、上を取り返したことを最終3Rにどのようなつなげることができるか。

最終回、サークリングを駆使するロクサンに対し、リーが左を入れる。ジャブの相打ちから、リーが右ストレート、前蹴りを放つ。蹴り足を取られたロクサンは、すぐに足を抜いて右アッパーを見せて組み付くと、小外掛けでテイクダウン。ロクサンは肩パンチを入れハーフで固める。リーの外掛けレッグインガードを切り返したロクサンはマウントを奪取、ケージを蹴ってブリッジをするリーだが、ロクサンがマウントを維持する。パンチを嫌がったリーが背中を見せる。ロクサンはバックマウントから背中を伸ばしにかかり、パンチを間断なく落としていく。

残り45秒、落とされないよう仰向けでバックマウントを完成させたロクサンが、引き続きパンチを入れる。亀になったリーの背中についていったロクサンだが、フィジカルの強いリーはここで立ち上がる。ロクサンは前方に落とされそうになるも、試合はタイムアップに。ヴァネッサ・ポルトの代役、ショートノーティスの出場ながら手強かったリーを振り切ったロクサンが、スプリット判定をモノにした。攻勢を握るには至らなかったが、ロクサンはしっかりと打撃戦に対応し、これもしっかりと組みで試合を制した。リーに一票が入ったのは意外だが、30-27というこれも意外なスコアで最後の一勝を核としたロクサンは、「リーはとても強く、才能あふれる選手。コーチのジョン・ウッドとマイク・パイルのおかげ」と語った。

PR
PR

関連記事

Movie

JBJJF ALL JAPAN