この星の格闘技を追いかける

【UFC152】注目のミドル級戦、ビスピンがスタンとの接戦を制す

<ミドル級/5分3R>
マイケル・ビスピン(英国)
Def.判定3‐0:29-28、29-28、29-28
ブライアン・スタン(米国)

ミドル級注目のマッチアップ。前に出て右を振るうスタン、左を返すビスピン。距離が近づいて組み合いになると、ビスピンがスタンをケージに押し込む。態勢を入れ替えながらヒザを蹴り上げる両者、ビスピンのヒザが急所に入ったとスタンがアピールするが、レフェリーがブレイクを命じない。

再び距離ができると、スタンが右ローを放つ。スタンは角度をつけることなく、真正面からパンチの打ち合いを挑んでいく。右をヒットさせたスタンに対し、ビスピンは左ジャブを当てると距離を取り直す。

とダブルレッグを仕掛けたビスピン、ケージまでドライブし外掛けを仕掛けるが、スタンが耐えきる。右ワキを差して、左エルボーから右をビスピンが打ち込む。試合がケージ中央に戻ると、ビスピンのローが急所に入り一時中断、すぐに再開され激しい打ち合いへ。と、今度はスタンのローがビスピンの急所を直撃する。

スタンよりも長めのインターバルを経て試合が再開し、スタンがどんどん前に出ていく。左ミドルから右ローを蹴り込んだスタンは、さらに左ジャブを伸ばし続ける。対してビスピンは左ジャブからシングルレッグに出て、そこを外してヒザを見せた直後に、スタンの右ストレートをモロに顔面に受ける。組みついてダメージをごまかしたビスピンだが、この一発で初回はスタンのモノになったか。

2R、左ジャブを繰り返し見せるビスピンは、ついにダブルレッグから腰を抱えてテイクダウンに成功すると、そのままサイドへ。しっかりと固めるビスピンだが、腰を押したスタンがリバーサル。この展開で立てなかったビスピンは、初回に受けた右のダメージが残っているのか……。スクランブルの攻防のなかで、がぶりから有利な態勢で立ち上がったビスピンが、ケージにスタンを押し込んでエルボーを見せる。

試合がオクタゴン中央に戻ると、ビスピンの左がヒット。スタンは右クロスを狙う。ビスピンは残り40秒でダブルレッグを決めて再びサイドを奪取する。エルボーを受けないように顔を守っていたスタンの腕を取ってアメリカーナを仕掛けたビスピンは、ここでスタンの顔面ががら空きになるとパウンドを落とした。

最終回、ビスピンの右フックがスタンの顔面をかすめ、左ジャブからローに合わせてテイクダウンを奪う。がぶりからスタンが立ち上がったところで左フックを見せるも、これは空振りに。しかし、テイクダウンから立つという攻防でやや削られたが、スタンの口が開き気味になり、パンチを被弾する数も増えてくる。

思い切り右フックを振るうスタンだが、踏み込みが甘くなったか。スタンの左にビスピンの右が交錯し、この攻防は互角の相打ちに。直後にスタンはダブルレッグをスプロールするが、またもケージに押し込まれる。首相撲からヒザを突き上げたスタン、ビスピンは距離を取って右を放っていく。

残り90秒、ミドルを打ち終わったスタンにビスピンのパンチがヒットする。ハンドスピードも落ちたスタンは体ごとパンチを放っていくも、ダブルレッグでケージに詰められ重心が高くなったところでテイクダウンを許す。

すぐに立ち上がったが、再びダブルレッグから内掛けで押し込むビスピン。スタンは最後はパンチを振るい続けたが、クリーンヒットすることなくタイムアップを迎えた。1Rはスタン、2R、3Rはビスピンという見方が妥当だと思われるが――。果たしてジャッジの裁定は、三者とも29-28でビスピンが取り3-0で判定勝ちとなった。

PR
PR

関連記事

r t One02

Movie