この星の格闘技を追いかける

【UFC179】計量終了。アルド 「ベルトはリオに留まる」。メンデス 「前回とは違う」

24日(金・現地時間)、明日25日(土・現地時間)、にブラジル・リオデジャネイロのジナーシオ・ジウベウト・カルドッソ=マラカナジーニョで開催されるUFC 179「Aldo vs Mendes 2」の公開計量が行われた。

オープニングファイトに出場するトニー・マーチン、ファブリシオ・モランゴの両者が下着を脱いでスケールに乗りながら、それぞれが157ポンドと158ポンドでミスするという波乱の幕開けとなった公開計量。第4試合でウィルソン・ヘイスと注目の一戦に挑むスコット・ヨルゲンセンも、体重計に乗る前から首を傾げダナ・ホワイトに何やら話しかけるという様子で、結局のところは3ポンド・オーバーでキャッチウェイト戦に臨むこととなった。

直後に登壇した小谷直之は155ポンドでパス、対戦相手ヤン・カブラルも1ポンド・オーバー規約内でライト級初陣に挑むこととなった。その後はルカス・ミネイロ・マルチンスとメインで世界フェザー級王座防衛戦を戦うジョゼ・アルドが下着を脱いで計量に臨んだものの問題なくクリアーしている。

ファンから大きなブーイングを受けた挑戦者チャド・メンデスは「前回とは違う。どんな局面で戦うことができる。前の試合ではミスをし、そこで学んだんだ。もう準備はできている」と語ると、アルドは「ベルトはリオに留まる」と力強く母国のファンに約束した。

■ UFC179 計量結果

<UFC世界フェザー級選手権試合/5分5R>
[王者] ジョゼ・アルド:145ポンド(65.77キロ)
[挑戦者] チャド・メンデス:145ポンド(65.77キロ)

<ライトヘビー級/5分3R>
グローバー・テイシェイラ:205ポンド(92.99キロ)
フィル・デイビス:205ポンド(92.99キロ)

<ライトヘビー級/5分3R>
ファビオ・マルドナード:205ポンド(92.99キロ)
ハンス・ストリンガー:206ポンド(93.44キロ)

<フェザー級/5分3R>
ダレン・エルキンス:145ポンド(65.77キロ)
ルカス・マルチンス:146ポンド(66.23キロ)

<ライト級/5分3R>
カルロス・ディエゴ・フェレイラ:156ポンド(70.76キロ)
ベニール・ダリューシュ:156ポンド(70.76キロ)

<ウェルター級/5分3R>
ヴィリアム・パトリーノ:170ポンド(77.11キロ)
ニール・マグニ―:171ポンド(77.57キロ)

<ライト級/5分3R>
ヤン・カブラル:156ポンド(70.76キロ)
小谷直之:155ポンド(70.31キロ)

<フライ級/5分3R>
スコット・ヨルゲンセン:128ポンド(58.06キロ)
ウィルソン・ヘイス:125ポンド(56.70キロ)

<フェザー級/5分3R>
フィリッピ・アランテス:146ポンド(66.23キロ)
アンドレ・フィーリ:146ポンド(66.23キロ)

<ライト級/5分3R>
ジルベウト・ドゥリーニョ:155ポンド(70.31キロ)
クリストス・ギアゴ:156ポンド(70.76キロ)

<ライト級/5分3R>
ファブリシオ・モランゴ:158ポンド(71.67キロ)
トニー・マーチン:157ポンド(71.22キロ)

PR
PR

関連記事

Road FC45

HEAT41

Movie