この星の格闘技を追いかける

【LFC10】冴えわたるヒザ攻撃、 川那子祐輔が王座初防衛に成功

2012.08.24

keKawanago

【写真】ヒザ蹴りから鉄槌の連打を落す 川那子祐輔、ヒザが冴えていた(C)LFC

<LFCフェザー級選手権試合/5分3R>
川那子祐輔(日本)
Def.判定3-0:30-27,30-27,29-28
ロブ・リシタ(豪州)

いきなり右フックを放った 川那子だが、リシタも右を返してから組みつきテイクダウンに成功する。ハーフからパンチを落すリシタに対し、 川那子はブリッジから足を戻し胸板を蹴って立ち上がる。ロープの外に出てしまったリシタは憮然として表情でリングに戻る。 川那子のフライングニーにテイクダウンを合せたリシタは、パスを狙っていく。

パスを許さないためのキムラ狙いから、足を戻した 川那子。レフェリーがブレイクを命じ、試合はスタンドに戻る。ローを放つリシタだがバランスが悪く、 川那子はしっかりと距離を取ると、フライニングニーを顔面に打ちこむ。シングルからダブルへ移行し、コーナーに 川那子を詰めるリシタだが、テイクダウンに結び付けることはできない。ヒザを受けてから、無暗に飛び込めなくなったリシタの右は空振りに。

再びヒザを決めた 川那子は、倒れたリシタに左の鉄槌を連打し初回を制した。2R、リシタの大振りの右をかわして、パンチを打ち込む 川那子。組みつかれても、ヒザをボディに突き上げ、シングルレッグもしっかりと切っていく。足をロープの外に出してブレイクを誘うと、 川那子は左ジャブを警戒に打ち込む。引き続き、前に出てくるリシタに左ヒザを突き上げる 川那子は、攻め急ぐことなく確実にフィニッシュに近づける。

川那子はリシタの右に左を合せようとし、ハイを簡単にかわすと左ボディフックを打ち込む。ジャブ2発、左フックから右アッパーとパンチでも攻勢に出る 川那子に対し、リシタはローと前蹴りを見せるのが精いっぱいで、得意のテイクダウンを仕掛けることもままならなくなっている。

最終回、リシタの右ハイに対し、左フックを打ちこむ 川那子は、テイクダウンにヒザを合せると、がぶりからヒザを頭部に打ち込む。リシタが立ち上がり、試合が打撃戦に移行しても、 川那子は身長に戦う。組まれてロープの外で尻餅をついた 川那子、レフェリーはスタンドで試合再開を命じる。

フックを振り回すばかりのリシタに対し、 川那子はヒザから左フックを打ち込み、テイクダウン狙いは簡単に防いでいく。残り90秒を切ってから、テイクダウンを許した 川那子はクローズドガードで試合を固め、ブレイクを待つ。三角狙いから足をすくおうとした王者は、パスを許しそうになり足を戻したところでタイムアップとなった。倒し切れなかった感もある 川那子だが、危なげなく判定勝ちしLFCフェザー級王座初防衛に成功した。

PR
PR

関連記事

Movie