この星の格闘技を追いかける

【UFN53】ネルソンのストレートを完封したストーリーが、スプリットながらきっちり勝利

<ウェルター級/5分5R>
リック・ストーリー(米国)
Def.2-1:50-44,49-46,47-48
グンナー・ネルソン(アイスランド/12位)

まずストーリーが右ローを2発入れる。さらに左ローを見せたストーリー、ネルソンは右ミドルを放ち、右ストレートをヒット。ネルソンは素早い右ミドルを蹴りこむと、ストーリーは左ローを返す。ネルソンの右ストレートに合わせて距離を詰めたストーリーが組み付くも、ネルソンがヒザをボディに入れて大内刈りでテイクダウンを奪う。ストーリーはすぐに立ち上がり、ネルソンは胸を合わせて左腕を差す。離れたネルソンの右ストレートは空振りに。

ストーリーは左ミドルを入れ、左ローでバランスを崩させる。ネルソンの右ストレートはまたも当たらず、深く組みにも入れない。右ハイを見せたネルソンに、ストーリーは左ストレートを狙う。残り1分、アゴを引いてパンチを振るいながら前に出るストーリー、左ストレートがネルソンを捉える。ここで初回が終了、ネルソンは鼻の頭をカットしている。

2R、ネルソンの右ミドルにストーリーが左を合わせる。ネルソンの後ろ回し蹴りを抱えるように受け止め、倒したストーリーは前に出て、距離を潰すことで勝機を見出そうとしているようだ。ネルソンの右で右目尻をカットしたストーリーは右をよけて、右フックから左、さらに右を伸ばす。ストーリーは引き続き、左ローから左ストリートを繰り出す。ストーリーの方が手数は多く、よくネルソンの攻撃を見て、左フックから右ボディフックを放つ。

残り1分、右を受けながら組み付こうとしたネルソンだが、ストーリーは惑わされない。残り10秒、ネルソンが右を打ち込むもストーリーが左を2発返して、タイムタップに。3R、ダブルレッグでテイクダウンを奪ったネルソン、ストーリーもすぐに立ち上がる。ネルソンは首相撲からヒザ蹴りをボディに突き上げる。ストーリーは左ローから、左ストレートを伸ばす。ネルソンは右ストレートをヒット、続いて右ミドルを蹴りこむ。左を返すストーリー、ラウンド中盤には蹴りを織り交ぜ、パンチの精度も上がってきた。

ネルソンは左ミドルから、左ストレートを顔面に打ち込む。ストーリーも左ストレートを返し、右から左を伸ばす。ストーリーが流れを引き寄せつつあるか。中盤、左を受けて後方に倒れたネルソン、ストーリーはパウンドを落としながらスタンドで待ち受ける。立ち上がったネルソンはテイクダウンを狙うも、ストーリーがスプロール。ネルソンは一旦ガードを取り、直後に立ち上がった。

続くダブルレッグも受け止められたネルソンは、左ストレートに右を返しサウスポーに構えて左フックを振るう場面も。ステップが止まりつつあるネルソンに対し、ストーリーが左を打ち込む。残り30秒、ストーリーが左フックを連続で放つ。右から左、そして右を当てて試合の流れは完全にストーリーに傾いている。

最終回、前に出て左を打ち込むストーリーに対し、ネルソンも右を返す。ストーリーは首相撲からヒザ、そして左を打ち込む。ネルソンは前蹴りを放つも、ストーリーの前進を止めることはできない。ネルソンは手数とスピードで完全に差をつけられている。ストーリーは左だけでなく、近距離でのヒザ蹴りから左を伸ばす。最後も右フック、左ボディフックを打ち込んだストーリーは、試合終了の合図ともに勝利を確信、セコンドと笑顔で肩を抱き合った。結果はスプリットでストーリーに凱歌が挙がり、ネルソンはキャリア15戦目の初黒星となった。

PR
PR

関連記事

大会予定(現地時間)

Road FC45

HEAT41

Movie