この星の格闘技を追いかける

次期挑戦者はリョートに。小見川はガンバーリャンに敗れる

2012年8月4日(土・現地時間)米国カリフォルニア州ロサンゼルスのステイプルセンターでは、UFC on FOX04「Shogun vs Vera」が開催された。

当初、メインのマウリシオ・ショーグン×ブランドン・ベラの勝者が、9月1日に行われるUFC世界ライトヘビー級選手権試合=ジョン・ジョーンズ×ダン・ヘンダーソンの勝者に挑戦するとされていた。しかし、ファンのリアクションをみたダナ・ホワイトは、セミのライアン・ベイダー×リョート・マチダ戦も含め、より印象の強い勝利をしたファイターに挑戦権を与えると発言していた。

結果、次期挑戦者となったのは、ベイダーを右の上段突きでKOしたリョートだった。初回を手数で上回ると、2R、オーソドックスの構えから、前に出てきたベイダーに右の上段突き一閃。リョートが一撃必倒の空手の理論をMMAで実践するかたちで見事な一本勝ちを手にした。

一方、メインは、序盤から攻守の入れ替わる展開が続くと、試合中盤以降は両者とも疲労困憊の状態に。4Rに入ると、距離を取ったベラがストレートを伸ばすも、ショーグンはアッパーから右フック、ギアを上げたかのようなワンツーを打ち込み、崩れ落ちたベラへパウンドを連打。ショーグンがTKO勝ちを決めたものの、世界王座挑戦を考えると内容的には厳しいか。

また、日本から出場を果たした小見川道大は、マニー・ガンバーリャンと対戦すると、初回は左ストレートや右フックを立て続けてに叩き込む。だが、2R以降、執拗にテイクダウンを狙うガンバーリャンにスラムやバックマウントを許すなど苦しい展開に。3Rもガンバーリャンのハイキックやスラムを受けるなど劣勢の印象を残し、最後は3-0で判定負け。フェザー級転向後のUFC戦績は1勝4敗となった。

第10試合 ライトヘビー級/5分3R
○マウリシオ・ショーグン
(ブラジル)
4R4分09秒
TKO
詳細はコチラ
(試合動画)
ブランドン・ベラ×
(米国)
第9試合 ライトヘビー級/5分3R
○リョート・マチダ
(ブラジル)
2R1分32秒
KO
詳細はコチラ
(試合動画)
ライアン・ベイダー×
(米国)
第8試合 ライト級/5分3R
○ジョー・ローゾン
(米国)
3R2分44秒
三角絞め
詳細はコチラ
(試合動画)
ジェイミー・ヴァーナー×
(米国)
第7試合 ウェルター級/5分3R
○マイク・スウィック
(米国)
2R1分20秒
KO
詳細はコチラ
(試合動画)
ダマルケス・ジョンソン×
(米国)
第6試合 フェザー級/5分3R
○ナム・ファン
(米国)
3R終了
判定
詳細はコチラ
(試合動画)
コール・ミラー×
(米国)
第5試合 ライトヘビー級/5分3R
-フィル・デイビス
(米国)
1R
ノーデシジョン
詳細はコチラ
(試合動画)
ヴァグネル・プラド -
(ブラジル)
第4試合 フェザー級/5分3R
○ハニ・ヤヒーラ
(ブラジル)
1R3分15秒
ノースサウスチョーク
詳細はコチラ
(試合動画)
ジョシュ・グリスピ×
(米国)
第3試合 ヘビー級/5分3R
○フィル・デフリーズ
(英国)
2R4分16秒
リアネイキドチョーク
詳細はコチラ
(試合動画)
オリ・トンプソン×
(英国)
第2試合 フェザー級/5分3R
○マニー・ガンバーリャン
(米国)
3R終了
判定
詳細はコチラ
(試合動画)
小見川道大×
(日本)
第1試合 フライ級/5分3R
○ジョン・モラガ
(米国)
1R3分46秒
KO
詳細はコチラ
(試合動画)
ユリシーズ・ゴメス×
(米国)
PR
PR

関連記事

Martial World

Movie

Triforce Online Jiu-Jitsu

Gokikai Karate

ONEday