この星の格闘技を追いかける

【Bellator124】 鉄人2世、ベラトール一本デビュー

<ライト級/5分3R>
ライアン・クートゥア(米国)
Def.1R3分01秒by RNC
トム・バグナスコ(米国)

バグナスコに組みついたクートゥアーがテボディロックからテイクダウンを奪うも、その前に放たれたヒザが急所に当たったとブレイクを命じられ、スタンドでの再開となる。右フックから組んだクートゥアーが、ここもボディロックからテイクダウン、そのままサイドを取る。足を捌かれそうになり背中を見せたバグナスコのバックを制し、クートゥアーがパンチを後方から見舞っていく。上を向いたバグナスコに対し、クートゥアーはマウント奪取。バグナスコが背中を見せたところで父ランディーの『パンチ』という声を忠実に再現し、強引にRNCへ。既に戦意喪失しているのか、バグナスコは不十分な態勢にもタップ。代役出場、ケージに上がるのが仕事のようなバグナスコをクートゥアーは、危なげなく下しベラトール初陣で一本勝ちを手にした。「トムが準備期間もない状態で試合に出てくれたことを感謝している。テイクダウンからグラウンドも、非常に戦いやすかったよ」と鉄人2世は勝利のコメントを残した。

PR
PR

関連記事

大会予定(現地時間)

Road FC45

HEAT41

Movie