この星の格闘技を追いかける

【LFC09】目まぐるしいスクランブル合戦は、ブラウンに凱歌挙がる

2012.06.16

<ライト級/5分3R>
デミアン・ブラウン(豪州)
Def.判定3-0:30-27, 30-27, 30-27
ウ・ハオティエン(中国)

14勝1敗1分という記録を持つ注目の中国員ファイターのウ・ハオティエンに対し、左ローを繰り出すブラウン。組みついたウ・ハオティエンは両差しからバックに回り、リフトアップでブラウンを正面に落とすと、そのままバックに回る。前方に落とされたウ・ハオティエンが、三角絞めを狙うも、これを察知したブラウンはさばいて足を一本抜いていく。

足を戻し、再び三角を狙うウ・ハオティエンに対し、ブラウンはパウンドを落とす。構わず三角を仕掛けるウ・ハオティエンだったが、ブラウンは持ち上げてスラムで叩きつけると、足のクラッチが解ける。すぐにハイガードから三角の態勢に入ろうとするウ・ハオティエンだが、ブラウンは起き上がって勢いのあるパウンドを落とす。

頭を落としてパウンドを落とすブラウンは、ギロチンを狙われると立ち上がってパウンドへ。起き上がろうとしたウ・ハオティエンをギロチンに捉えたブラウンだったが、すぐにパスを許し、頭も引き抜かれてしまう。サイドコントロールからヒザを顔面に入れるウ・ハオティエンは、ボディにエルボーを見舞う。ブリッジから立ち上がったブラウン、ウ・ハオティエンは右フックを顔面に受ける。

ブラウンは組みついて、テイクダウン狙い。引き込むように背中をつけたウ・ハオティエンがここでもハイガードを見せるが、ここでラウンド終了を迎えた。

2R、ブラウンはまずは右ローを見せ、右フックを打ち込む。ウ・ハオティエンの右フックにテイクダウンを合わせたブラウンは、トップからエルボーを落とす。すると、ウ・ハオティエンは蹴り上げから三角絞めへ。頭を引抜くブラウンに再び蹴り上げを見せたウ・ハオティエン、ブラウンの動きがやや鈍くなる。

ウ・ハオティエンの腕十字を潰し、パウンドを落とすブラウン。右のパウンドをボディと顔面に落とし、ハーフガードの態勢になると、ウ・ハオティエンがガードからキムラを狙う。ストップからリング中央で再開すると、直後にバックに回ったブラウンだが、ウ・ハオティエンが粘って前方に落とす。直後にリバーサルしたブラウンだが、ギロチンがすっぽ抜け下に。今度はウ・ハオティエンがリアネイキドチョークを仕掛けるが、ここでも前方に落とされる。激しいスクランブル合戦が見られた2Rは、ウ・ハオティエンがトップを取った状態でタイムアップとなった。

最終回、組みついてきたブラウンをすかして、バックを奪うも、すぐに落とされたウ・ハオティエン。ブラウンはインサイドガードからエルボーを落とす。左のエルボーを受けたウ・ハオティエンは、なかなか三角の態勢に入れなくなる。背中をつけて、頭を上げるシーンが少なくなってきたウ・ハオティエンは、疲れが顔に出ている。ブラウンのパスガードにネルソンを狙うも、力技が目立ってくる。

立ち上がったウ・ハオティエンが、ブラウンのシングルレッグを潰してトップを取る。アックから両足をフックするも、乗りすぎのウ・ハオティエンはここでも前方に落とされる。それでも左足をキャッチし、トップを奪い返したウ・ハオティエンが、サイドからエルボーを落とす。4点ポジションからシングルレッグに出たブラウン、ウ・ハオティエンが頭を潰してここでもバックへ。

自ら前方回転するように、バックから逃れたブラウンだが、ウ・ハオティエンに腰をコントロールされ、バックを許す。ブラウンは胸を合わせると、シングルレッグからウ・ハオティエンを肩に担ぎ、後方にスラムする。起き上がりながら、シングルでテイクダウンを奪ったウ・ハオティエン。最後まで目まぐるしいポジションの入れ替えが見られた一戦は、ブラウンがフルマークで判定勝ちを収めた。

PR
PR

関連記事

Movie