この星の格闘技を追いかける

【SFL03】スイカップ美女戦士レナ、頭突き&噛みつきの末に完敗

2012.05.07

<女子フライ級/5分3R>
ジョアンヌ・カルダーウッド(英国)
Def.判定3-0
レナ・オフチニコワ(ウクライナ)

サウスポーの構えから、右ロー、左ミドル、そして左ストレートを繰り出すレナ。カルダーウッドもローを見せるが、レナはスイッチから右ローを蹴り込む。続くハイキックから、バックキックの連係を見せたレナだが、カルダーウッドがこれをキャッチしてテイクダウンへ。

直後にギロチンに捉えたレナだが、カルダーウッドが首を引き抜きスタンドへ。カルダーウッドがバックを取りテイクダウン。背中に乗ったカルダーウッドがチョークを狙うが、前方回転をした際にフックがなく、トップを奪われてしまう。

クローズドガードで固めたカルダーウッドは、三角絞めへ。立ち上がったレナだが、頭を越えることもなく立ち続けるのみ。ヒザをついたレナは、ようやく頭を刈って体を平行に持ってくる。首が抜けない状態が続くレナが、洗濯挟みを見せ、首を引き抜いたところで初回が終了した。

疲労困憊のレナ、インターバル中にコーナーマンは、なぜかスイカップの胸元に水を吹きかける。

2R、左ストレートからヒザを見せたレナに対し、カルダーウッドがシングルレッグでドライブ。腰をコントロールして、テイクダウンを奪うとバックへ回り込んだ。

足を一本フックした状態で、両膝をつかせ両足をフックしたカルダーウッド。レナは懸命に右腕を抱え、リアネイキドチョークに入らせないようにする。胸を合わせようとしたレナだが、ここで完全に背中を譲り、頭部にパンチを受ける。亀の状態でパンチを受け続けるレナは、上体を起こしたところでリアネイキドチョークに捉えられる。

四の字フックに捉えながら、腕を手繰り寄せチョークを凌いだレナは懸命に胸を合わせようとする。カルダーウッドを跨ぎ、スタンドに戻ることに成功するも、バックを取られたままのレナ。ようやく胸を合わせることに成功するが、フェンスを掴んでペナルティを告げられる。打撃の攻防になると、すぐにテイクダウンを奪われるレナは、2R終了した時点でペナルティとラウンドを落とし、最低でも3ポイントのビハインドを背負い、追い込まれた。

最終回、打撃で逆転を狙うレナだが、カルダーウッドは逆にカウンターをヒットさせる。すると、レナの左ストレートがヒットし、カルダーウッドの頭が揺れる。カルダーウッドも左を伸ばし、ローにテイクダウンを合わせる。力任せのギロチンを抜けられたレナは、後方回転から立ち上がることができず、ガードへ。

パウンドを落とすカルダーウッドは、またもバックに回りパウンドを顔面へ落とす。後頭部でヘッドバッドを見せたレナ。レフェリーはそのまま試合を続行させるが、悪質な行動だ。頭突きを受けたカルダーウッドは、そのままバックマウントをキープし、パンチを入れる。何やらレフェリーにアピールしたカルダーウッドが、腕十字を仕掛けたところでタイムアップに。

プッシュアップを見せ、スタミナが十分にあるところをアピールしたカルダーウッドは、右腕に噛みつかれた後をカメラに見せる。アピールは、どうやらレナが噛みついたためのようだ。当然、判定負けを喫したスイカップ美女戦士のレナ、2連敗に加え非スポーツウーマンシップな行為――、彼女に3度目のチャンスは与えられるのだろうか。
トンプソン、ラシュリー、ブラックマンバ、弁慶ら参戦:SFL03 全試合結果一覧

PR
PR

関連記事

Movie