この星の格闘技を追いかける

【RFC06】大山峻護、韓流MMAでミドル級チャンピオンに

Cage Girlリアルタイムで追えなかったMMAイベントを後追いリポートするMMA SALON、今回は5日(日・現地時間)に韓国はソウルのチャンチュン体育館で開催されたRoad Fighting Championship「Final Four」第2部の模様をお届けしたい。

【写真】Cage Girl of the yearがあるなら、日本人的の壺にはまること間違いない?? RFCガールズ (C) MMAPLANET

現在、韓国で唯一のプロMMA興行として定期的に活動しているRFC、その初代ミドル級王者には日本の大山峻護が就いた。準決勝のキム・ジョンデ、決勝のソン・ヘソックを下した大山には、早くも閉幕式で補欠選の勝者キム・ジェヨンが挑戦者として名乗りを上げた。

バンタム級王座決定トーナメントも開始したRFCには、会場を訪れていたエンセン井上のラインで、ISEが参戦するという話もあり、今後も日本人選手が定期的に活躍しそうだ。

RFC初代ミドル級王座決定トーナメント決勝/5分3R
○大山峻護
(日本)
1R2分19秒
TKO
詳細はコチラ
ソン・ヘソック×
(韓国)
RFC初代バンタム級王座決定トーナメント1回戦/5分3R
○アンドリュー・レオン
(米国)
3R終了
判定
詳細はコチラ
カン・キョンホ×
(韓国)
RFC初代ミドル級王座決定トーナメント補欠戦/5分3R
○キム・ジェヨン
(韓国)
3R3分48秒
ノースサウス
詳細はコチラ
イ・ドルヒ×
(韓国)
RFC初代ミドル級王座決定トーナメント準決勝/5分3R
○大山峻護
(日本)
1R1分44秒
ヒールフック
詳細はコチラ
キム・ジョンデ×
(韓国)
RFC初代ミドル級王座決定トーナメント準決勝/5分3R
○ソン・ヘソック
(韓国)
2R0分28秒
TKO
詳細はコチラ
イ・ウンス×
(韓国)
PR
PR

関連記事

Tokyo Int JJC

Movie