この星の格闘技を追いかける

【UFN】ペラルタがUFCデビュー戦で勝利

2011.09.18

<フェザー級/5分3R>
ロベルト・ペラルタ(メキシコ)
Def.判定3-0:30-27、30-27、29-28
マイク・ルーロ(米国)

左を伸ばすルーロに対してペラルタはローを蹴り込む。さらに右ローを2連発で決めた。ローを軸に攻めるペラルタに、ルーロはテイクダウンを仕掛けるが、ヒザをボディに受ける。2発、3発とヒザを受け、引き込むようにルーロはガードを取った。ボディが効いているようだ。

インサイドガードから立ち上がり、スタンドで待ち受けるペラルタはサウスポーにスイッチしたかと思うと、オーソに戻り右ストレートを伸ばす。

ルーロの左ローに、右ローを返すペラルタはスイッチを繰り返すも、ルーロもローやジャブでタイミングよく攻めるように。遠い距離から右を伸ばすルーロだが、これは届かない。逆にペラルタの右ローを連続で受け、やや動きが止まってしまう。

ローから左フック、右ミドルを決めたペラルタ。右フックをヒットさせると、ルーロにローから再び右フックを決める。サイドキックでバランスを崩したルーロに対し、距離を詰めたペラルタが再び距離取ったところで、初回が終了。ペラルタがリズムよく、ルーロを攻めたてていた。


2R、左ジャブ、左ローを繰り出すペラルタは続いて右ローを蹴り込む。距離を詰めたルーロだが、テイクダウンを仕掛ける段階にも辿りつけない。スイッチを繰り返すペラルタは、ローで距離を掴むと、右を打ち込んでいく。完全にローが効いたルーロは、ここで組みついてドライブ。

ヒザ蹴りは空振りになり、逆にボディにペラルタのボディを受けたルーロ。ケージに押し込んだまま、時間が過ぎていき、結局テイクダウンができないまま、試合は打撃戦へ。ここでローシングルを仕掛けたルーロだが、これも簡単に切られてしまう。ペラルタもカウンター狙いが多く、手数自体は多くない。流れが止まった展開が多かった2Rが終わり、最終回に突入、ペラルタのローを受けてなお前進したルーロにパンチが襲いかかる。

またもダブルレッグからケージにペラルタを押し込むルーロは、胸を合わせたクリンチ合戦から、再びダブルレッグへ。ここでも攻め切れないルーロにペラルタが距離を取って左右のフックからハイキックを放つ。何度もダブルレッグを仕掛けながら、テイクダウンを奪えないルーロ。残り2分を切って、再びケージにペラルタを押し込むと、ついにテイクダウンに成功する。

ケージを背に立ち上がったペラルタのバックを伺うルーロ。ペラルタはリストを剥がして胸を合わせる。残り1分を切り、ペラルタの右フックに負けじと、ルーロはここでダブルレッグダイブでクリアテイクダウンを奪う。ケージを背にして、パンチを見せたペラルタ、2Rに続き、3Rも手数が少ないままタイムアップの時を迎えた。ジャッジの裁定は3-0でペラルタが、UFCデビュー戦で勝利した。

PR
PR

関連記事

Tokyo Int JJC

Movie