この星の格闘技を追いかける

【UFC127】“曲者”エバーソールがUFC初陣で涙の勝利

2011.02.27

■第9試合 ウエルター級/5分3R
ブライアン・エバーソール(米国)
Def.判定3-0
クリス・ライトル(米国)

豪州在住のアメリカ人MMAファイター、エバーソールが開始早々に両手をキャンバスにつけるや逆立ちしたような形で攻撃。ライトルは冷静にかわしてみせたが、やや怒気を含んだ表情でエバーソールのテイクダウン狙いを切り、思い切り右ボディストレートを繰り出す。

ライトルはローを掴み、さらに右フックを見舞う。さらに右ボディーから右エルボーと打撃で試合のイニシアチブを握った。シングルレッグを仕掛けるエバーソールに余裕を持ってギロチンへ。ケージを蹴り上げ、一回転して逃れようとする相手をさらに絞め続ける。エバーソールが暴れるに任せてギロチンを解いてトップを奪ったが、逆にギロチンを仕掛けられてしまう。

背中をつけたギロチンでは極めようがなく、起き上がりながらシングルを再び仕掛けたエバーソールにライトルも再度ギロチンで応える。ここでライトルは下になることを嫌い、立ち上がるもまたギロチンで捕獲してみせる。

首を引き抜いたエバーソールがバックへ回る。ライトルは前方回転からヒザ十字を見せるが、エバーソールはエスケープ。予想外にスピードの乗ったエルボーを落す。この一発で、ライトルは左目の下をカット。ラウンド終了を待たず、立ち上がったエバーソールは観客に両手を振り上げアピール、曲者ぶりを発揮した。


2R、パンチとミドルのコンビネーションを見せるライトル。左から右のフックにつなげると、トリッキーな動きを見せるエバーソールのボディーに拳を叩きこむ。エバーソールは後ろ回し蹴りからジャンピング・ニー、飛び込みエルボーを放つ。

「カモーン!」と一声挙げたライトルが力を込めてフックを放つ。エバーソールはこれにエルボーを見せて「切ったぞ」とアピール。いらつくライトルは強引なフックから右ストレート、左ローを放っていく。

ボディーへのアッパーを受け、なぜか不満気な表情を見せたエバーソールはテイクダウン狙いから、上体が起きたライトルの顔面にヒザを突き上げる。この一撃が効いたライトルはシングルでごまかそうとするも、エバーソールはダースチョークへ。必死の形相でエスケープしたライトルに首相撲からヒザ、鋭い右エルボーを繰り出すエバーソールは、最後はダブルレッグでテイクダウンを奪い、まんまと2Rをモノにする。

地元といっていいシドニーのファンに、インターバル中もアピールを続けるエバーソールは再び、第1ラウンド目と同じ側転両足蹴りを見せる。ライトルはここでも怒りの右フックを見せるが、エバーソールは待っていましたとばかりにシングルレッグを仕掛け、まんまとテイクダウンに成功。

ライトルはギロチンを見せるが、ここでも立ち上がり際にバックを取られてしまった。胸を合わせ、再びギロチンを仕掛けたライトルは、そのままリバーサル。動きの止まったかに見えたエバーソールが、シングルを狙うとダースチョークに切り替える。

それでもケージを蹴り上げ、上を奪おうとするエバーソールは、ライトルがまたも切り替えたギロチンから逃れると、パウンドを落していく。シングルから立ち上がったライトル。アームロックが崩れ、エバーソールが上を取った。

同体で立ち上がった両者、エバーソールは一瞬距離をとるが、すぐに組みつく。ヒザを見せたライトルに対してエバーソールは右エルボーからダブルレッグへ。左手を差しあげてテイクダウンを許さないライトルにレフェリーがブレイクを命じる。

残り1分強、ライトルは左ボディーフック、右ミドルを見せる。しかし、ここでエバーソールがテイクダウン狙いからバックへ。ヒザ十字狙いを潰し、トップを奪うと左エルボーを落す。残り10秒、ライトルは再び足関節を見せるが、その顔面はエルボーでカットされたため、血で真っ赤に染まっている。

そのまま試合がタイムアップを迎えると、エバーソールは満面の笑みを浮かべる。テイクダウンか、ギロチンか。エルボーのカットか、スタンドのパンチか。ジャッジの判断に勝敗は委ねられると、3-0でエバーソールが勝利した。この裁定に涙目になったエバーソール。そのエモーショナルな表情までもが曲者に見えるUFC初陣と白星だった。

PR
PR

関連記事

Arzalet

Road FC43

Movie