この星の格闘技を追いかける

【Challengers】ウッドリー、スマート策で判定勝ち

Woodley<ウェルター級/5分3R>
タイロン・ウッドリー(米国)
Def.3R終了/判定
タレック・サジフィーヌ(ベルギー)

【写真】インパクトは小さいが、確実に判定勝ちしたタイロン・ウッドリー。ポール・デイリーなど、実績を残すファイターとの対戦が見てみたいところだ(C)ESTHER LIN/STRIKEFORCE

右ジャブを伸ばしながら前に出るサジフィーヌ。間合いを外すウッドリーは組みついてケージ際へ。ウッドリーが左ヒザを突き上げると、サジフィーヌも負けじとヒザを見せる。サジフィーヌをケージに押し込んだウッドリーが、腰をコントロールしテイクダウンを奪う。

尻もち状態に戻り、ケージ際まで下がって立ち上がったサジフィーヌ。ウッドリーは頭を胸の前に当て、徹底したレスリングマッチを挑む。時間を掛けてテイクダウンを狙うウッドリーが、左足を両足に挟むが、サジフィーヌは機敏な動きで距離を取る。

追いかけて組みついたウッドリー、細かいヒザの応酬にレフェリーがブレイクを命じる。目の不調を訴えるウッドリーに対し、「私は見ていない。続行」とレフェリーが断言。再開直後も組みついたウッドリーは、ケージにセジフィーヌを押し込んだ状態で1Rを戦い終えた。


2R、サウスポーのセジフィーヌが左ハイを見せるも、ウッドリーはしっかりとブロック。ならばと右ローから放った右ストレートが、ウッドリーを直撃する。距離がつまり、組みついたサジフィーヌは、左ヒザを突き上げ、右足でウッドリーの足を払っていく。クリンチの攻防に場内からブーイングが起こり、直後にウッドリーはタイアップからテイクダウンに成功する。

胸をつけて、背中が伸びたウッドリーは、サジフィーヌのガードを越すことができず、下がった頭にパンチを受ける。サジフィーヌは三角絞めから十字、オモプラッタを見せるが、ウッドリーが腕を引抜きトップをキープする。

フルガードに戻せたサジフィーヌは、腰をコントロールされると、ケージ際に下がりアームロックを見せる。腕を振り払い、サジフィーヌがマットに手をつくが、ウッドリーはその腕を払い立ち上がらせない。バックに回り込み、強引なチョークを仕掛けたウッドリーだが決定機とはならず、2Rがここで終了。ウッドリーにとってフラストレーションが溜まる展開が続く。

最終回、サジフィーヌのローに右を合わせたウッドリーが首相撲の態勢に。細かいヒザを突き上げたサジフィーヌは、組まれてもケージ際で態勢を入れかえる。押し返し、アッパーを見せたウッドリーは直後にシングルレッグを放つが、サジフィーヌは見事なスプロールを見せ、バックへ。

そのままテイクダウン、サイドを奪ったサジフィーヌはボディにヒザを入れるも、ワキを差しかえたウッドリーが立ち上がる。打撃を忘れたように差し合いを続ける両者。サジフィーヌがウッドリーをケージ際に押し込み、ヒザを見せる。ケージにウッドリーを詰めたサジフィーヌが左ハイを見せる。これをかいくぐるようにシングルレッグを決めるウッドリー。サジフィーヌは倒れながらアームロックを狙う。

腕をしっかりとクラッチするウッドリーはハーフを取り、腕を引抜くと立ち上がったサジフィーヌのバックを奪う。クォーターの態勢でサジフィーヌを押し込むウッドリーだったが、レフェリーがこれをブレイク。残り1分、打撃戦の距離になるとウッドリーはすぐに組みついていく。

サジフィーヌが距離を取るたびに、組みつくウッドリー。徹底した打撃戦を避けた展開は、サジフィーヌの左ハイがウッドリーの頭をかすめたところでタイムアップに。打撃を嫌がったテイクダウン狙いを、テネシーのジャッジはどのように判断するか。

裁定結果は30-27が一人、29-28が二人とウッドリーに凱歌があがった。「タレックはものすごくタフだった。スイッチをして蹴りを多用する相手だから、自分のタイミングでテイクダウンを仕掛けるようにした」とウッドリーは、スマートな試合展開を振り返った。

PR
PR

関連記事

Tokyo Int JJC

Movie