この星の格闘技を追いかける

【BFC22】あのホーンバックルが何もできずに完敗

Askren■ウェルター級トーナメント決勝/5分3R
ベン・アスクレン(米国)
Def.3R終了/判定3-0(30-27、30-27、30-27)
ダン・ホーンバックル(米国)

【写真】あのダン・ホーンバックルが、15分間攻められ続けて判定負け。ベン・アスクレンは五輪レスラーのフィジカルの強さと運動神経の良さを見せつけた (C) KEITH MILLS

ケージ中央でタッチグラブを拒否したホーンバックル。試合開始早々、アスクレンはシングルレッグを仕掛けるが、ホーンバックルは体を翻し、鉄槌を落としながら足を引き抜こうとする。

しっかりと足首を掴んだアスクレンは、顔面を殴られながらも、ホーンバックルの足を引き上げ、テイクダウンを奪う。

ガードを取ったホーンバックルはアームロックから、腕十字を狙う。腕を引き抜いたアスクレンは、バックへ回りヒザをボディに落としていく。ガードを取ったホーンバックルに対し、思い切りパウンドを落とすアスクレン。ホーンバックルは体を畳み、腕十字を仕掛けるも諦め、立ち上がろうとする。


アスクレンはバックをキープしヒザをボディに落とし、続いてパンチを見舞っていく。立ち上がって、背中にいるアスクレンを振り払おうとするホーンバックル。アスクレンは肩固めのような形で首に腕を巻きこみ、そのままバックを奪取する。

直後にマウントを奪ったアスクレンだが、ホーンバックルがブリッジで返し、立ち上がる。すかさずシングルレッグでテイクダウンを奪ったアスクレンに対し、足関節を仕掛けようとしたホーンバックルだが、顔面にパウンドを受け、ガードへ。アスクレンのテイクダウン、グラウンドコントロールの強さが目立った1Rが終了した。

2R、ホーンバックルの右フックは思い切り空を切り、アスクレンがテイクダウンからすぐにマウントへ。腹の上に座りパウンドを落とすアスクレンだが、これは位置が低過ぎて、ホーンバックルがブリッジでトップを奪い返す。

ホーンバックルがアンクルを狙うも、足を取られたまま立ち上がったアスクレンはバックに回る。足を引き抜き、バックから鉄槌を落とすアスクレン。がぶられながら立ち上がったホーンバックルだが、またも直後にテイクダウンを奪われる。

ガードから三角、さらにオモプラッタに移行したホーンバックル。アスクレンは洗濯バサミの状態でホーンバックルの首を両足で絞めあげる。足を解き、ホーンバックルのバックに回ったアスクレンは、脇をコントロールし背中に乗り、さらにサイドに回ってパウンドを落とす。ホーンバックルがガードに戻したところで2Rが終了、このラウンドもアスクレンが圧倒した。

3R、左ミドルを見せたホーンバックルに、アスクレンはスッと踏み込み、ダブルレッグでテイクダウンを奪うと、パウンドを落としていく。クローズドガードのホーンバックルは、アスクレンの手首を掴み、リバーサルを仕掛けるがトップは奪えない。

三角絞めの仕掛けに、噛みつきパスガードを見せたアスクレン。ホーンバックルは、サイドを取られた状態でキムラを仕掛け、スイープに成功する。アスクレンにとっては、この試合初めてのピンチも、ホーンバックルの首を巻きつけ、トップを奪い返した後、バックからパウンドを落とし続ける。アスクレンは、残り2分でトーナメント制覇が現実のものとなってきた。

前転して逃げようとするホーンバックルだが、アスクレンは背中に張り付いたまま離れない。再び前転をするも、バックを取られたままのホーンバックルは、成す術なく時間が過ぎるのを待つしかない。最後の最後までバックを取り続け、15分間攻め続けたアスクレン、試合終了と同時にジャッジの裁定を聞くまでもなく勝利を確信し、笑顔を浮かべた。

ジャッジの裁定は三者とも30-27でアスクレンを支持、ライモン・グッドにシーズン3で挑戦することが決まった。

PR
PR

関連記事

Martial World

Movie

Brave x Grachan

Gokikai Karate

ONEday