この星の格闘技を追いかける

【UFN21】ご当地戦士ブレネマン、テイクダウンで競り勝つ

2010.04.01

Brenneman■第1試合 ウェルター級/5分3R
チャーリー・ブレネマン(米国)
Def.3R終了/判定
ジェイソン・ハイ(米国)

【写真】DREAMウェルター級GP準優勝に関しては何のアナウンスもなかったジェイソン・ハイ。ご当地ファイターのテイクダウンの前に成す術なく敗れ去った (C) ZUFFA

DREAMウェルター級GP準優勝ハイのUFCデビュー戦、対戦相手はご当地ファイターのブレネマンだ。

いきなりパンチを交換をする両者、ブレネマンのハイキックは空を切り、直後にハイが組みついていく。2度、3度とケージ際で態勢を入れ換えると、最終的にブレネマンがテイクダウンを奪いサイドからヒザを骨盤の辺りに放っていく。

しっかりとサイドをキープしたブレネマンは右エルボーをハイの顔面に落としていくが、それ以上の動きは見られない。残り時間1分になり、ハイはタートルポジションから立ち上がることに成功する。


スタンドに戻ると、ブレネマンがシングルレッグを仕掛け、腰をコントロールしてテイクダウンに成功したところで初回が終わる。

2R、パンチから組みつくブレネマンのボディにヒザを突き上げるハイ。ブレネマンはハイの左フックにシングルを合わせてテイクダウン、バックを狙ったところでハイが立ち上がる。直後にテイクダウンを仕掛けたブレネマンにハイがギロチンを見せるが、そのハイのボディを飛び越えるように反対側に回り、ブレネマンはこれを回避。そのまま執拗にシングルレッグでハイを攻めたてる。

体を捻ってスタンドへ戻ったハイだが、テイクダウンディフェンスが続きスタミナをかなりロスした状態で、最終回へ。

開始早々にブレネマンがテイクダウンを奪う。ガードを取ったハイだが、立ち上がろうとする動作に切れが感じられない。背中をキャンバスにつけて、惰性のようなギロチンを見せていたハイ。しかし、右から左に組みかえた直後にフルパワーで絞めあげ、必死に逃げようとするブレネマンを逃さない。最後はケージを蹴って、マウントを取りそうになったハイだが、ブレネマンが股間をすり抜けるように立ち上がり、試合終了を迎えた。

ジャッジの裁定は30-27が2人、29-28が1人でブレネマンを支持。決め手を欠く内容ながら、テイクダウンでハイを圧倒したブレネマンが、判定勝ちを収めた。

PR
PR

関連記事

Movie