この星の格闘技を追いかける

【Legacy FC28】ペイジ、前に出続け局面打開=TKO勝ち

<138ポンド契約/5分3R>
ダマッシオ・ペイジ(米国)
Def.2R3分31秒 by TKO
マット・ロザーノ(米国)

WECでは3勝2敗ながらUFCは3連敗でリリースされたペイジが、キャリア4勝1敗のロザーノと対戦。右フックから組みつくペイジ、すぐに距離を取り直し右ローを蹴り込む。ロザーノは右ストレートをヒットし、左ジャブから右を伸ばす。右から前に出たペイジは、遠い距離からパンチを見せ、近距離でヒザを突き上げる。ペイジの飛び蹴りをかわしたロザーノが左ハイを見せる。右ハイを放ったペイジだが、続く右ミドルをキャッチされ右ストレートを受けて尻餅をつく。

パウンドを落そうとしたロザーノは、腕十字をエスケープしスタンドへ。ペイジのテイクダウン狙いをいなしたロザーノだが、バランスを崩し背中をマットにつける。ハイガードのロザーノ、ペイジはスタンドを選択し立ち上がる。ペイジは右オーバークロスから首相撲、ヒザを突き上げるがスピードに欠けるか。

2R、開始直後に右ハイでバランスを崩したロザーノだが、ペイジは寝技にはいかずに、立ち上がるのを待ってフックから右ハイ、ヒザ相撲を繰り出す。ペイジはパンチをスウェイでかわすロザーノ、ペイジは右ローに左フックを合わせる。ペイジの攻撃の間合いを外すロザーノだが、手数は少ない。前に出てミドル、フックと手数を弛めないペイジは、ロザーノの左ジャブに右クロスを合わせる。ラザーノは後方に倒れてガードを取るが、ペイジが鉄槌、パンチを連打しTKO勝ちを決めた。

PR
PR

関連記事

Movie

JBJJF