この星の格闘技を追いかける

【UFN124】ボクシングで柔術凌いだアルダナが、ベルナウドにフルマークの判定勝利

<女子バンタム級/5分3R>
イレネ・アルダナ(メキシコ)
Def.3-0:30-27.30-27.30-27
タリタ・ベルナウド(ブラジル)

左ジャブから右を伸ばすアルダナが、右アッパーも空振りに。直後に右を伸ばし、リーチを利した攻撃で流れを掴む。ベルナウドは右ミドルを繰り出すが、右フックを被弾。引き続きパンチで間合いを制したアルダナの右がベルナウドの顔面を直撃すると、腰が落ちる。連打を受けて組んだベルナウドだが、逆にトップを許しマウントを取られる。足を戻し、立ち上がったベルナウドを豪快に投げて、再びマウントを取ったアルダナ。

ここも腕を差したベルナウドが立ち上がって、ケージにアルダナを押し込みボディロックでテイクダウンを狙う。エルボー、細かいパンチを入れるアルダナが離れてボディにヒザ、組みから引き込んだベルナウドにローを蹴り込みパンチを入れつつパスをしたところで初回が終了となった。

2R、アッパー、左ジャブと引き続きレンジを支配するアルダナが、左ジャブから右フックを打ち込む。左ジャブを受けたベルナウドが、ローシングルを仕掛けスプロールするアルダナをテイクダウンしパスへ。足を戻したアルダナがクローズドガードを取る。ガードのなかで腰を上げてパンチを落とすベルナウドに対し、ガードを解きスクランブルを狙ったアルダナだが、潰され再びガードを強いられる。顔面を蹴り上げたアルダナが立ち上がると、ベルナウドは即ダブルレッグへ。ケージを背に耐えたアルダナだったが、今大会は2017年規定が取り入れられていないため、ポイントを挽回されたか。

3R、左ジャブ、ボディストレートを繰り出したアルダナはクラウチングから左を伸ばし、ダブルレッグ狙いを切る。アルダナは左ジャブを続け、ベルナウドは組みに行けない。アルダナが右フックを当て、ワンツー。ベルナウドも右を返して、前に出る。そこに右ストレートを当てたアルダナに対し、残り90秒でベルナウドが足を取って引き込む。

ディープハーフからリバーサルに成功したベルナウドが、担ぎパスへ。アルダナは足関節狙いも、パスを許しそうになりスクランブルへ。ベルナウドのダブルレッグを切り返して、トップを取ったアルダナがスタンドへ戻る。残り10秒でシングルから引き込みを見せたベルナウドにスイープを再び決める時間は残されていなかった。

3Rは下になったベルナウドだが、これはスイープを狙うため。そしてスイープを決めたが、ジャッジはスタンドの攻防を重視する公算が高い。結果、なぜか2Rまでアルダナが取りフルマークの判定勝ちとなった。

PR
PR

関連記事

Shooto

Movie