この星の格闘技を追いかける

【Glory03】佐藤嘉洋(前編)「アスケロフの方が、今は評価は上」

Yoshihiro Sato

【写真】リザーバー・マッチながら、本戦出場の幾人かの選手よりは確実に実力が上の佐藤嘉洋。GLORYを選んだ佐藤にとってアスケロフ戦は、存在を証明するファイトとなる (C) WORLDKICKs

3日(土・現地時間)、イタリアはローマのパラマット・マティカで開催されるGLORY03 ROME「Final8」では、佐藤嘉洋がGLOLY WORLD SERIES 70kg Tournamentのリザーブファイトでジャバル・アスケロフと対戦する。

『世界のトップキックボクサーの90パーセントと契約した』と豪語するGlory Sports Internationalと日本大会を共催するG-Entertainmentの提供による、GLORY Fighterインタビュー=佐藤嘉洋編。

アスケロフを「今はもう世界のトップグループに入っている」と評価し、自分が挑む立場であると強調する佐藤は「勝って、見ている人の記憶に残るような試合をしたい」というテーマを打ち出す。また日本大会の開催前にGLORY出場を決めた佐藤がGLORYに期待するものを訊いた。

――GLORYローマ大会が目前に迫っていますが、調整は順調ですか。

「今のところ過去最高の仕上がりですね」

――今回の試合に向けて新しい練習を取り入れたとお伺いしています。

「秘密特訓なので内容は秘密ですが、ジムでやっている練習をより上手く出来るように体質が変わりました」

――具体的にはどういった変化を感じていますか。

「今までは週末になると疲労が溜まったり、体のどこかが痛くなって、ミットを思うように蹴ることが出来なくなっていたんです。でも新しい練習を始めてからは、体がしんどくなくなりミットを蹴ることが出来たり、練習内容が濃密になりました。

同じ練習量をこなしても、80%の質と100%の質では効果が違うじゃないですか。今はしんどい状況でも100%に近い質の練習が出来るようになりました」

――佐藤選手の年齢、キャリアになっても、まだ肉体的な成長を感じていますか。

「はい。すごく自分に合っている練習が出来ていると思います」

――対戦相手のアスケロフにはどんな印象を持っていますか。

「前回の試合は会場で生でも見たし、終わってからも映像で見ました。アスケロフは日本でジョルジオ・ペトロシアンや日菜太君と戦った後、ものすごくキャリアを積んでいる。あの時点では僕の方がアスケロフよりも評価が高かったかもしれませんが、現時点の世界的な評価では逆転されていると思います」

――去年、佐藤選手が「アスケロフは強くなっている」と話していたことが印象的です。

「去年、一緒にイタリアで試合をした時には、僕も対戦しているクリス・ファン・ベンローイをKOしているし、スウェーデンでシャヒッドに勝った試合も、シャヒッドは金的のダメージをアピールしていましたが、僕はアスケロフがシャヒッドの心を折るような試合だったと思います。ブアカーオには完封されましたけど、ファイタータイプにはかなり強いですよね」

Askerov【写真】佐藤自らが、「現時点での世界的評価は僕より上」と語るアスケロフ。鉄壁のディフェンスから攻めに転じるハードパンチャーだ (C) GLORY

――トーナメント1回戦のロビン・ファン・ロスマーレン戦も、そこまで大きな差があった試合ではなかったと思っています。

「そうですよね。インローはかなり効かされていましたけど、前に出ていたのはアスケロフで、ほとんど僅差だったと思います」

――日本のファンが認識しているアスケロフとは違う、と。

「今はもう世界のトップグループに入っていると思います」

――佐藤選手が自ら戦う相手として見た場合のアスケロフはいかがですか。

「タイプ的には噛み合う試合になるだろうし、個人的には好きな戦い方ですよ」

この頁、続く

PR
PR

関連記事

Movie