この星の格闘技を追いかける

【UFC148】先手を取ったイーストンがメンジバーを判定で下す

2012.07.08

<バンタム級/5分3R>
マイク・イーストン(米国)
Def.判定3-0:30-27、29-28、30-27
イヴァン・メンジバー(カナダ)

体を左右、上下に揺らして前に出るイーストン。メンジバーは左の拳を伸ばし、距離を測る。メンジバーの右ハイキックは空振りに、イーストンは組みつくがすぐに離れる。スピニングバックフィストも距離が合わないメンジバーは、左のオーバーフックを放っていく。イーストンも右から、ローキックを蹴り込む。左ハイ、前蹴りと放つメンジバーに対し、イーストンの左ハイがその顔面をかすめる。

メンジバーも右ハイを返すが、重心がやや高いか。ロー、右ストレートと精度でイーストンがメンジバーを上回る。左フックから、右ローと対角線コンビネーションを見せたイーストンは、1R終了間際にテイクダウンを狙ったが、受けとめたメンジバーがエルボーを放ったところでラウンド終了に。

2R、両者の左ミドルが交錯し、距離が近づいてもイーストンがメンジバーを突き放す。ローに右を合せたメンジバー。イーストンの左フックがヒットするが、ともに攻撃が単発だ。構えを変えるメンジバーは、フグ・トルネードまで見せるが、そこから先に踏み込めない。残り1分を切り、やや距離が近づいた両者。前に出るのはイーストンだ。左は左へ回るメンジバー、引っかけるフックを狙うが、イーストンの攻撃を捌き切れてはいない。

最終回、イーストンの左フックがメンジバーの顔面にヒットする。左右のローでメンジバーの前足を蹴りつけるイーストンが、常に先手を取った印象を見る者に与えている。右ボディから前に出るイーストンに対し、メンジバーがスピニングバックキックを放つ。軸足に組みついたイーストンが、ここでテイクダウンに成功する。インサイドから細かいパンチを落すイーストン、メンジバーは立ち上がって縦ヒジを繰り出す。左フックを打ち込んだイーストン、メンジバーの右ボディフックにも左フックを合せていく。

残り30秒、最後は当たらなくてもフライングハイキック、後回し蹴りと大きな動きで試合を締めたイーストンが、3-0の判定勝ちを収めた。

PR
PR

関連記事

Movie