この星の格闘技を追いかける

【ROTK】二枚目ダルベックが、バック肘でファイナルへ

2011.11.27

<ムエタイWMCノルディック・ウェルター級トーナメント準決勝/3分3R>
サニー・ダルベック(スウェーデン)
Def.3R by KO
パシ・ルーカネン(フィンランド)

3度のフィンランド王者に輝いているルーカネンに対し、地元で二枚目のダルベックに大きな歓声が起こる。サウスポーのダルベックの左ローに、ルーカネンが右ストレートを合わせる。

ダルベックは、遠い距離から左エルボーを見せると、ルーカネンは右ミドルを放つ。前に出てきたルーカネンに左ストレートをヒットしたダルベック。ルーカネンのバランスが崩れたところで、エルボーの連打を見せてダウンを奪う。

立ち上がったルーカネンにスピードのある左ストレート、さらに左エルボーで追い込むダルベックは、左フックもヒットさせる。左ミドルからエルボー受けたルーカネンは、思い右ストレートを返すが、蹴りがカウンターを合わされる場面が目立つ。


終了間際も左ローから、左ストレートでコーナーにルーカネンを追い込んだダルベックが初回を取った。2R、小気味良い左ミドルを見せるダルベックは、ルーカネンが組みついても大きく投げ捨てる。

組んで態勢を崩し、左エルボーを決めたダルベック。ルーカネンの動きが雑になってくる。ダルベックは近距離では投げを繰り返し、遠くからは左ミドル、左エルボーを繰り出す。テンカオをヒットさせたダルベックは、左ストレートから左ミドル、さらに左縦ヒジとリズミカルに攻め続ける。

時折り、右フックから左につながるルーカネンだが、劣勢は否めない。2R残り30秒も、ダルベックは左ミドルから、組みついてヒジを見せて投げ捨て、攻勢のまま戦い終えた。

最終回、ダルベックはいきなり左ハイから、左ストレートを放ち、逆転勝ちしたいルーカネンの気勢を制す。懸命に前に出るルーカネンは、右ローから左フックを繰り出すが、ダルベックは右スピニングバックエルボーを完璧なタイミングで決める。

腰から崩れ落ちたルーカネン、ゴングが打ち鳴らされた後もなかなか立てないほどダメージを与えたダルベックが、KO勝ちを収め決勝へ歩を進めた。

PR
PR

関連記事

Movie