この星の格闘技を追いかける

【Challengers】カイル、動きが落ちたハンフリーから一本

Kyle<ライトヘビー級/5分3R>
マイク・カイル(米国)
Def.2R3分28秒/リアネイキドチョーク
アボンゴ・ハンフリー(米国)

【写真】序盤は多彩な攻めを見せ、その成長ぶりを見せたアボンゴ・ハンフリーだったが、ガス欠に。カイルが逆転一本勝ちを収めた (C) ESTHER LIN/ STRIKEFORCE

左ジャブから右フックを伸ばすカイルに、右ローから組みつこうとしたハンフリーだが、身長&リーチで優るカイルに組みつくには、少し距離が遠い。ならばとバックスピンキックから勢いをつけて距離を縮めたハンフリーは、カイルをケージに押し込んでいく。

左ヒザをボディに放つカイルだが、ハンフリーが自ら距離をとった直後に左右のフックをヒットさせる。続いてダブルレッグを見せたハンフリーがテイクダウンに成功すると、首を抱えて立たせないように金網に押し込んでいく。ハンフリーが一旦下がってパウンドを放った隙に、カイルが立ち上がると、アナコンダチョークを仕掛けたハンフリー。一度首を解き、バックに回りながらカイルが正対してくると今度はギロチンへ。


首を引き抜いたカイルが立ち上がり、打撃で攻め込む。再びテイクダウンからトップを奪ったハンフリーだが、カイルはスイープに成功し、マウントへ。両腕でカイルの腰を突き上げて、強引に態勢を戻そうとしたハンフリーが、向き合ってきたカイルにギロチンを仕掛けたところで初回が終了する。

2R、いきなり左を振るったハンフリー。カイルは左を伸ばし、距離を図っていく。距離を詰めるのはハンフリー、しかし、カイルが待ち受けて、ワン、ツー、スリー、フォーまで打ち込んでいった。打たれながら組みついたハンフリーだが、カイルは首相撲からヒザ蹴りへ。ハンフリーはテイクダウン狙いから組みついて、ヒールフックを見せる。

意外にも多彩なサブミッションを見せたハンフリーは、回転して逃げるカイルからトップを奪いパウンドを落とす。インサイドからパウンドを続けるハンフリーだったが、ここで動きが少ないとレフェリーがブレイクを命じ、試合はスタンドへ。有利な態勢から立ち技に戻されたハンフリーの動きがガクっと落ちる。と、カイルはすかさずさば折りからテイクダウンを奪った。

カイルはグラウンドに移行しても、バックに回りチョークを仕掛け、バックグラブから殴りつけハンフリーを消耗させる。自ら仰向けになり、ハンフリーの背中を伸ばしたカイルがリアネイキドチョークを仕掛けると、気持ちが切れたようにハンフリーはすぐにタップの意思表示をした。

PR
PR

関連記事

Shooto

Movie