この星の格闘技を追いかける

カテゴリー:JJ Globo

【JBJJF】ダン・ハーディー戦から11年、東日本マスターに出場する石毛大蔵「アダルトにも挑戦したい」

Daizo Ishige

【写真】1980年11月生まれ、37歳になった石毛は柔術着が似合う(C)DAIZO ISHIGE 22日(日)、東京都墨田区にある墨田区総合体育館で日本ブラジリアン柔術連盟(JBJJF)主催の「第2回東日本マスター柔術選手権」が開催さ…

詳細を見る

【JBJJF】関東オープン&東日本マスター出場=石橋佳大─02─「フィジカルとスクランブルで勝つ」

keita ishibashi

【写真】この闘志をマットに持ち込んでくれるに違いない石橋佳大(C)MMAPLANET 21日(土)、東京都墨田区の墨田区総合体育館で日本ブラジリアン柔術連盟(JBJJF)主催の「第11回関東柔術オープントーナメント」が、翌22日(日)…

詳細を見る

【JBJJF】東日本&西日本マスター、2週連続出場の吉岡広明 「結果を残してMATSURI出場のアピールを」

hiroaki yoshioka

【写真】修斗時代よりもワイルドになったように感じられる吉岡(C)HIROAKI YOSHIOKA 22日(日)、東京都墨田区の墨田区総合体育館で日本ブラジリアン柔術連盟(JBJJF)主催の「第2回東日本マスター柔術選手権が開催されるが…

詳細を見る

【JBJJF】21日の関東オープン、22日の東日本マスターに連日出場=魂のファイター=石橋佳大─01─

keita ishibashi

【写真】柔術では茶帯を巻く石橋佳大、MMAでのフィニッシャー振りと柔術での戦い方の違いも興味がある(C)KEITA ISHIBASHI 21日(土)、東京都墨田区の墨田区総合体育館で日本ブラジリアン柔術連盟(JBJJF)主催の「第11…

詳細を見る

【JBJJF】九州柔術オープン 鹿児島の柔術界をリードする上谷田幸一「道場は皆が強くなるために存在する」

Team Kagoshima

【写真】昨年の九州オープン時のチーム鹿児島の集合写真 (C)KOICHI KOMITANIDA 15日(日)、鹿児島県にある鹿児島アリーナで日本ブラジリアン柔術連盟(JBJJF)主催の「第10回九州柔術オープントーナメント」が開催…

詳細を見る

【Asia Master 2018】本間祐輔が2度目の復帰で、即優勝。宇野薫はマスター3紫帯ライト級で柔術T初優勝

Yusuke Honma

【写真】本間は年齢的には芝本浩司より1歳年下、全日本などでアダルトで戦う姿がぜひとも見てみたい (C)JBJJF 25日(日)、東京都世田谷区の駒沢オリンピック公園総合運動場屋内球技場で開催された国際ブラジリアン柔術連盟(IBJJF…

詳細を見る

【Asia Master 2018】塚田がマスター1黒帯フェザー級優勝。マスター3黒帯ライト級決勝は高本×岩間に──

Tsukada

【写真】この2日間で塚田はどのような手応えを感じることができたか (C)JBJJF 25日(日)、東京都世田谷区にある駒沢オリンピック公園総合運動場屋内球技場で国際ブラジリアン柔術連盟(IBJJF)主催の「アジアマスター選手権201…

詳細を見る

【Tokyo Int.Open 2018】東京国際─02─ミッツがヘイジを下しミドル級優勝。紫帯でジエゴに敗れた宇野3位

Middle

【写真】ミドル級優勝のミッツは大会MVPといっても過言でない (C) TSUBASA ITO 24日(土)、東京都世田谷区の駒沢オリンピック公園総合運動場屋内球技場で、IBJJF主催の「東京国際オープン柔術2018」が行われた。今回…

詳細を見る

【Tokyo Int.Open 2018】東京国際─01─海外から多数参加。フェザー級でホッチブラッヂ=ジェノベシが優勝

Tokyo Int 2018

【写真】アジア選手権と遜色ないほど、海外からの出場選手が集まった東京国際だった。写真はフェザー級で優勝を果たしたヴィトー・ジェノベシ(C) TSUBASA ITO 24日(土)、東京都世田谷区の駒沢オリンピック公園総合運動場屋内球技…

詳細を見る

【Tokyo Int.Open 2018】東京国際&アジアマスター出場=塚田市太郎─02─「まだ柔術は楽しませてくれる」

Ichitaro Tsukada

【写真】根底に楽しさが存在する。そんな塚田と柔術の関係だ(C) ICHITARO TSUKADA 東京都世田谷区の駒沢オリンピック公園総合運動場屋内球技場で24日(土)に東京国際オープン柔術2018」、翌25日(日)に「アジアマスター…

詳細を見る

Movie