この星の格闘技を追いかける

【WEC44】ガンバーリャン、ガルシア撃破で王座戦線へ

2009.11.19

(C) MMAPLANET■第9試合 フェザー級/5分3R
マニー・ガンバーリャン(米国)
Def.3R終了/判定
レオナルド・ガルシア(米国)

【写真】打撃戦を避け、徹底したテイクダウン狙いで3Rを戦いきったガンバーリャン (C) MMAPLANET

拳を合わせるやいなや、プレッシャーをかけていくガンバーリャンに、ガルシアはロー。30秒以上、距離をとって、相手の様子を伺う慎重な立ち上がりとなった両者だったが、続くコンタクトでは、ガルシアのパンチにガンバーリャンがバランスを崩した。

それでも、プレッシャーを掛け続けるガンバーリャンに、ガルシアはアッパー、溜めを利かせた右のフックを放っていく。すると、シングルレッグで組み付いたガンバーリャンが、ケージに押し込みヒザを放つと、これがガルシアの急所を直撃し、一時中断。再開後、ワンツーから組み付いたガンバーリャンがテイクダウンを奪うと、ガルシアもすぐに立ち上がり、2度目のテイクダウンは許さない。


それでも、両脇を差し上げ、ガルシアの重心を奪おうと試みるガンバーリャンだったが、ここでブレイクが入り、オクタゴン中央で、軽く拳を合わせた両者。次の瞬間には、ガルシアのミドルとガンバーリャンのパンチが交錯し、緊迫の1Rがここで終了した。

2R、ハイキックでバランスを崩したガルシアに、ガンバーリャンはローを放つ。長いリーチが際立つガルシアの左右のフックに対し、ダブルレッグで飛び込んだガンバーリャンはケージに押し付けテイクダウンへ。立ち上がり際のガルシアに、小刻みなパンチを打ち込んだ。

体勢を入れ替え、ガンバーリャンを突き放したガルシアは、助走をつけたかのような左ミドル。ここで、右フックを放ったガンバーリャンは勢い余って転倒、体勢を立て直そうとしたところでガルシアはギロチンを狙う。

ガルシアをケージに押し付け、難を逃れたガンバーリャンはハーフからパウンド。身を捩ったガルシアを抱え込むと、その大腿部へヒザを放ち、起き上がろうとすれば、再びダブルレッグへ。2Rは、ガンバーリャン優勢で終えた。

3R、右フックを放つガルシアに、ローを返すガンバーリャン。打撃を放つ毎に、たびたびバランスを崩すガンバーリャンだったが、1分半経過とともに左右のフックを叩き込む。と、この攻撃で火が付いたのか、ノーガードになり、相手を挑発したガルシア。ガンバーリャンも両手を広げ、アピールしたが、次の瞬間にはダブルレッグでテイクダウンへ。

ガルシアも下からヒジを返して反撃するも、立ち上がり際、しつこく追いかけたガンバーリャンが、ガルシアのバックを奪うと、バックドロップ気味にマットへ。それでも立ち上がるガルシアの片足を離さないガンバーリャンに根負けしたのか、残り40秒、マットに背中をつけたガルシア。ガンバーリャンがハーフからパウンドを落としたところでタイムアップ、判定の結果は、3-0でガンバーリャンを支持した。

PR
PR

関連記事

Tokyo Int JJC

Movie