この星の格闘技を追いかける

【PFL2019#01】体重オーバーのカマカと敢えて戦ったブラダボーイが、RNCを極めて5Pを手にする

<172ポンド契約/5分3R>
レイ・クーパー3世(米国)
Def.2R4分29秒by RNC
ゼーン・カマカ(米国)

体重オーバーのカマカは、勝ってもポイントが獲得できないキャッチ戦に挑む。ケージ前を移動するカマカの右ミドルをキャッチしたクーパー=ブラダボーイがテイクダウンに成功する。カマカの蹴り上げを捌いてパスを仕掛けたブラダボーイが足を抜きかかる。カマカはクローズドに戻し三角を狙うと、ブラダボーイはスラムで防ぎスクランブルでバックに回り込む。

ウィザードから胸を合わせたカマカだが、ブラダボーイがシングルからバックに回りパンチを打ち込む。たまらずガードを取ったカマカは、パンチを打たれキムラへ。残り10秒でパウンドのラッシュをかけたブラダボーイだが、初回フィニッシュとはならなかった。

ブラダボーイがフックを振るってシングルレッグへ。ケージにカマカを押し込んでテイクダウンを奪う。足を取りに来るカマカを潰して、ハーフで鉄槌、エルボーを入れるブラダボーイが体を起こすと、カマカはニーシールドを取り、フルガードに戻す。

防御に徹するカマカを崩すのに手こずるブラダボーイが、ハーフから勢いのある左のパンチを連打していく。残り1分、ここもキムラで防御するカマカはバックからガードを取ったところでマウントを取られる。パンチを落とし、背中を見せたカマカにRNCを極めたブラダボーイはタップにもすぐ絞めを解かずエキサイト。ともかく、2Rフィニッシュで2Pのボーナスを得た。


PR
PR

関連記事

Martial World

Movie