この星の格闘技を追いかける

【PFL2018#10】試合結果 躍進ブラダ・ボーイはマゴメドフカリモフと決勝。ミドルはマゴメドフ×テイラー

20日(土・現地時間)、PFL2018#10がワシントンDC のエンターテイメント&スポーツアリーナで開催された。

プレーオフ最終週はウェルター級とミドル級で準々決勝と決勝が行われ、ウェルター級はレイ・ブラダ3世とマゴメド・マゴメドカリモフ、ミドル級はアブススピアン・マゴメドフとルイス・テイラーが大晦日の決勝戦へ進むこととなった。

準決勝の5分×2R&ドローだった場合は初回を取った者が準決勝に進めるというレギュレーションの下、2階級8試合の準決勝は3試合がドローでタイブレイカーが準決勝へ。さらに勝者が負傷欠場と、まるで読めない展開も言い換えると、それだけ不確定要素が多く真の実力を測る場として首を傾けざるを得ないフォーマットともいえる。

そんななかレギュラーシーズン2勝、プレーオフの2試合と全てKO勝ちでファイナルへ歩を進めたクーパー3世=ブラダ・ボーイは、PFL2018で最も印象を残したファイターになったことは間違いない。そのブラダ・ボーイに2度敗れたジェイク・シールズやリック・ストーリーの敗退は、確実に時の流れを映し出していた。


PFL2018#10
<ミドル級準決勝/5分3R>
○アブススピアン・マゴメドフ(ドイツ)3R
判定
詳細はコチラ
×サディボウ・シ(スウェーデン)
<ウェルター級準決勝/5分3R>
○レイ・クーパー3世(米国)1R2分28秒by TKO
TKO
詳細はコチラ
×アンデソン・フェレイラ(ブラジル)
<ミドル級準決勝/5分3R>
○ルイス・テイラー(米国)2R4分58秒
Technical
詳細はコチラ
×ジョン・ハワード(米国)
<ウェルター級準決勝/5分3R>
○マゴメド・マゴメドカリモフ(ロシア)2R3分13秒
TKO
詳細はコチラ
×ボヤン・ベリチコビッチ(セルビア)
<ミドル級準々決勝/5分2R>
△アブススピアン・マゴメドフ(ドイツ)2R
Draw
△ガザン・ウマラトフ(ロシア)
<ウェルター級準々決勝/5分2R>
○レイ・クーパー3世(米国)1R3分10秒
TKO
詳細はコチラ
×ジェイク・シールズ(米国)
<ミドル級準々決勝/5分2R>
△サディボウ・シ(スウェーデン)2R
Draw
△ブルーノ・サントス(ブラジル)
<ウェルター級準々決勝/5分2R>
○アンデソン・フェレイラ(ブラジル)2R1分15秒
TKO
詳細はコチラ
×リック・ストーリー(米国)
<ミドル級準々決勝/5分2R>
○ジョン・ハワード(米国)2R
判定

×エディ・ゴードン(米国)
<ウェルター級準々決勝/5分2R>
○マゴメド・マゴメドカリモフ(ロシア)2R
判定
詳細はコチラ
×パヴェルイ・クシュ(ウクライナ)
<ミドル級準々決勝/5分2R>
○ルイス・テイラー(米国)2R
判定
×レックス・ハリス(米国)
<ウェルター級準々決勝/5分2R>
△ボヤン・ベリチコビッチ(セルビア)2R
Draw
詳細はコチラ
△アブバカル・ヌルマゴメドフ(ロシア)
PR
PR

関連記事

MW

Movie

JBJJF

ONE DAY