この星の格闘技を追いかける

【UFN134】ハインの前進にカウンターを当てたハゾヴィッチがスプリット判定勝利

<ライト級/5分3R>
ダミア・ハゾヴィッチ(デンマーク)
Def.2-1:29-28.29-28.28-29
ニック・ハイン(ドイツ)

右ストレートを放ったハゾヴィッチ。ハインはオーソから右オーバーハンド、ローを蹴られて右ストレートを伸ばす。間合いの図り合いが続き、ハインが右を当てる。サウスポーに構えたハインにワンツーを振るったハゾヴィッチ、ハインはオーソに戻し右オーバーハンドを放つ。左フックを当てたハインは左から右、そして右から左とリズムを変えたコンビネーションを見せる。ハゾヴィッチも左ジャブを当てるが、手数が少ない。左ジャブで前に出るハインが初回は取ったか。

2R、左ジャブを伸ばすハゾヴィッチに対し、前に出てショートのコンビネーションを繰り出すハイン。ハゾヴィッチは左ジャブに続き、右ストレートも見せる。ハインは左を3発当て、ローにも右オーバーハンドから左フックをヒットさせる。インターバル中の指示通り、一発を繰り出してからの次の攻撃を当てていくハインだが、右オーバーハンドにローを合わされる。

互いに右を打ち合うと、ハインが左ジャブを打ち込み、ハゾヴィッチがローを返す。分こんでからのパンチが当たるようになったハインは、懐に入ってから打撃を続ける。ハゾヴィッチも引き続き左ローを当てるが、ハインが右ボディから左ストレートを決める。ハゾヴィッチは右を返すが、ハインがひるまず前に出るため印象点で遅れを取るか。左リードフックを連打したハインが、2Rを取った。

最終回、左フックを受けバランスを崩したハゾヴィッチ。続いてハインは左を当てる。当てて下がったところで追撃を指示されたハインは、ヒザ蹴りから右前蹴りを顔面に被弾する。ハインはそれでも前に出て左を連続で振るう。 ハインの踏み込みにカウンターの右を当てたハゾヴィッチは、つんのめるよう崩れたハインに追撃のパウンドを打ち、起き上がってきたところでジャブを当てていく。来いと意思表示したハインだが右を被弾する。ローに左ジャブを合わせたハゾヴィッチ、ハインも最後まで前に出て左フックを振るう。飛び蹴りまで放ったハインは、タイムアップと同時にハゾヴィッチと健闘をたたえ合い、互いに勝利をアピールした。

結果、スプリットに割れた一戦はハゾヴィッチに凱歌があがった。

PR
PR

関連記事

MW

Movie

大会予定(現地時間)

TF ONLINE

ONE DAY