この星の格闘技を追いかける

【PFL2018#4】パーマーがネッククランク気味のRNCでトルスン破り、8位以内確定!!

<フェザー級/5分3R>
ランス・パーマー(米国)
Def.3R4分34秒 by RNC
ジュマビエク・トルスン(中国)

左ジャブを伸ばすトルスンに左ストレートを当てたパーマー。続く左ハイがトルスンの頭上を越える。トルスンはシングルレッグに出るが、切られてバックを許す。後方へのエルボーを見せたトルスンの内股を潰して、テイクダウンしたパーマーがハーフから左のパンチを連打する。勢いのあるパンチに手を伸ばして防ぐとトルスンはキムラを狙う。

腕を抜いてパンチを続けるパーマー、トルスンはワキを差せず上体を起こすことができない。左のパンチを被弾し続けたトルスンは、下のままラウンド終了を迎えた。

2R、判定勝ちでもプレーオフ進出が決まるパーマーは左ミドルを蹴り、ダックアンダーからバックに回る。スタンドのワンフック、トルスンは体をゆすって落とそうとするが、そのまま寝技に持ち込まれマウントを奪われる。細かいパンチから、勢いのある左の連打を打ち込むパーマーだが、トルスンがハーフに戻す。さらにフルガードに戻したトルスンは、サバイバルに徹する。

パーマーは左足を抜き、鉄槌を入れる。守りは堅いトルスンが粘る。キムラを防ぎ、バックに回ったパーマー。トルスンがガードに戻る。ここもトルスンが勝利は生き残った。

3R、トルスンの左フックにシングルを合わせようとしたパーマーは、ここを防がれると左ミドルを蹴っていく。フィニッシュしか逆転のないトルスンは左ジャブを伸ばすも、基本は待ちの姿勢だ。トルスンは左ハイに続き、シングルレッグを狙う。切られながら巻き込みを仕掛けたトルスンのバックを取ったパーマーが、右のパンチを後方から連打する。RNパーマーは残り20秒でアゴの上からの絞めでタップを奪った。

持ち点5に4Pを加点したパーマーも、これでプレーオフ進出が決定した。

PR
PR

関連記事

MW

Movie

大会予定(現地時間)

TF ONLINE

ONE DAY