この星の格闘技を追いかける

【DWTNCS S02 Ep01】カンフー・ファイター=ホランド、フルマークの判定勝ちも不十分??

<ミドル級/5分3R>
ケヴィン・ホランド(米国)
Def.3-0:30-27.30-27.30-27
ウィル・サンチアゴ(米国)

長身のカンフー三段=ホランドがいきおいよく前に出てミドルを蹴っていく。サークリングでかわすサンチアゴに対し後ろ回し蹴りを繰り出すホランドは、蹴りで距離を詰めて左を伸ばす。サイドキックに左フックを合わせたサンチアゴだが、ホランドのシングルレッグでテイクダウンを奪われる。立ち上がったサンチアゴはサイドキックからヒザを被弾しそうになり、距離を取り直す。エルボーを振るいステップインしてきたホランドに左フックを当てたサンチアゴは、スタンドで鉄槌を見せる。ホランドは蹴りだけでなく、左フックを振るい、左ハイをガードの上から蹴っていく。左フック印象点でリードしたか。

2R、やや遠目の距離で戦う両者。ホランドの手数が減り、サンチアゴは遠い間合いから必死で距離を詰めてパンチを振り込み。やがて右フックがホランドの顔面を捉える。近い距離で攻撃を受けると、動きが止まる傾向にあるホランドも自分の距離では右を当て、飛びヒザ、ハイキックにつなげる。左目尻をカットしたサンチアゴに対し、ホランドは間合いを図って蹴り中心の攻めに終始した。

最終回、ホランドは関節蹴り、ローから左ハイを繰り出す。サンチアゴは右フックを効かせるが、直後にバランスを崩し後方からホラントのパンチを被弾する。すぐに立ち上がったサンチアゴに対し、ホランドは両手をグルグルと回し鉄槌を繰り出す。飛び込んでチョップのような攻撃を見せるホランドだが、動きは落ちて手打ちのスラッピングに近い攻撃が増えている。

サンチアゴも距離を詰めることができず、一発だよりのファイトに。と、残り1分でサンチアゴがダブルレッグを決める。すぐに立ち上がったホランドをケージに押しこんだサンチアゴは、残り20秒で離れる。ホランドはジャンピングガードを最後に見せるも、サブミッションに移ることはできずタイムアップとなった。結果、ホランドがフルマークの判定勝ちを手にした。

「アイツは重いパンチを持っていたけど、疲れるのが早かった。でも、UFCへのチケットを手にするには十分じゃなかった」とホランドはバックステージで語り、インタビュアーのローラ・サンコのお尻を触るシーンが映し出されてしまった!!

PR
PR

関連記事

MW

Movie

大会予定(現地時間)

Grachan

ONE DAY