この星の格闘技を追いかける

【UFN131】リーチの差を苦にせず、モハメッドがパンチを当ててテイクダウンでフルマークの判定勝ち

<ウェルター級/5分3R>
ベラル・モハメッド(米国)
Def.3-0:30-27.30-27.30-27
チャンス・レンカウンタ(米国)

サウスポーのレンカウンタが左ストレートを狙う。ジリジリと前に出るモハメッドは右ロー、レンカウンタのボディをステップバックでかわす。左を警戒しつつ前に出るモハメッドが左ローを連続でいれ、右フックを繰り出す。右を被弾したレンカウンタはテイクダウンを狙うが切られ、ローを蹴られる。ローに続き右を当てたモハメッドが、右フックを打ち込む。押され気味のレンカウンタは、待ちの姿勢が続いた。

2R、ようやく左が当たったレンカウンタだが、プレッシャーを与えることはできずモハメッドが右を当て、ダブルレッグでテイクダウンに成功する。ガードの中から鉄槌を落とすモハメッド、レンカウンタはスクランブルに持ち込んで離れる。右ボディフック、レンカウンタの左に右クロスを当てるなどモハメッド攻勢が続く。

左ミドルを受け、ややペースを落としたモハメッドだが、レンカウンタの左は見切っているか。打ち終わりにワンツーを見せるなど、モハメッドは圧をかけ続け、大技狙いにならざるを得ないレンカウンタを支配し、最後にダブルで左ジャブを当てた。

最終回、意を決したように近距離に留まってワンツーを繰り出したレンカウンタだが、耐えきれず離れたところで右を被弾する。レンカウンタの左に右フックを合わせるモハメッドは、踏み込みの鋭さでレンカウンタにとってアドバンテージとなるはずのリーチの差を克服していく。

2Rに続きダブルレッグでテイクダウンに成功したモハメッドは、無理して抑えることなくスタンドに戻ると、すぐにもう一度ダブルレッグを決め、ここはバックに回り込んで両足をフックする。右腕をレンカウンタの左肩を掴みRNCを狙うモハメッドは、アゴの上から絞めを狙う。ヒジを押し上げて防御したレンカウンタだったが、残り10秒でスタンドに戻ることができたが、反撃はなくタイムアップに。モハメッドがフルマークの判定勝ちを収めた。

PR
PR

関連記事

MW

Movie

大会予定(現地時間)

TF ONLINE

ONE DAY