この星の格闘技を追いかける

【Pancrase295】松嶋こよみが、反則のグラウンド状態でのヒザ蹴り。続行不能のISAOが暫定王者に

<フェザー級暫定王座決定戦/5分5R>
ISAO(日本)
DQ 1R4分30秒
松嶋こよみ(日本)

松嶋が右ロー、ISAOの前進にダブルレッグを合わせてテイクダウンを奪う。ISAOは腰を切って腕十字へ、立ち上がって腕を抜いた松嶋がヒザを顔面に突き上げる。テイクダウンのフェイクから右ローを蹴った松嶋にISAOが左を当てる。一瞬、熱くなったように打ち返す素振りを見せた松嶋だが、直後に組みにいく。ケージ際のクリンチ戦からケージ中央に戻ると、松嶋のローの蹴り終わりにパンチをISAOがまとめていく。

自分から組みに行ったISAOは、ヒザ蹴りを受けそうになりながら松嶋を崩して即マウントを取る。エルボーを打ちつけたISAO、背中を見せた松嶋は立ち上がってISAOを振り落す。再び立ち技に戻り、ISAOが右をヒットする。直後に頭が当たり、ISAOがブレイクを要求する。左目を見にするISAOは再開後、右を当てられた直後にテイクダウンを奪われる。ワキをすくわれ、腕を取られたISAOはヒザをついている状態で、ヒザ蹴りを顔面に受けてしまう。

明らかな違反行為にISAOは左目が大きく腫れ上がり、骨折の疑いがあり試合続行不能に。試合終了のホーンが館内に鳴り響き、ISAOは反則勝ちで暫定フェザー級KOPに。

故意ではないだろうが、グラウンド状態かどうか見極めることができずにヒザ蹴りを繰り出すのは、松嶋が未熟ということでしかなく、情状酌量の余地はない。


PR
PR

関連記事

MW

Movie

大会予定(現地時間)

TF ONLINE

ONE DAY