この星の格闘技を追いかける

【Pancrase295】牛久絢太郎が、キックゲームからのテイクダウンで内村洋次郎にスプリット判定勝ち

<フェザー級/5分3R>
牛久絢太郎(日本)
Def.2-1:30-27.29-28.28-29
内村洋次郎(日本)

牛久がいきなり右ハイを見せると、内村は左ミドルを返す。直後に牛久がスーパーマンパンチにダブルレッグを合わせてテイクダウンに成功すると、内村がクローズドガードを取る。ハーフバタフライに移行した内村は、スクランブルには持ち込まない。牛久もマットに手を付いた状態が続き、勢いのあるパンチは落とせない状態が続く。牛久は足関節を狙うと、同時に内村がボディを蹴り上げ立ち上がった。

牛久はケージに内村を押し込む。回って離れた内村は左ミドルに続き、テンカオを入れる。牛久も左フックを被せていき、内村のローの直後にラウンド終了に。初回は牛久が3票を獲得した。

2R、喧嘩四つの打撃戦は、互いに後ろ足からの攻撃と、前手の差し合いに。内村は左ボディストレートを入れるが、2分を経過した頃に牛久がダブルレッグでテイクダウン。ハーフで抑えながらパンチを打ちつける牛久は、自ら立ち上がるようにバックを狙う。内村が胸を合わせながら立ち上がり、レフェリーがブレイクを命じた。

左ミドルを蹴った内村、牛久が右ハイを返す。内村も左ローを入れ、牛久はまたもハイを蹴っていく。ガードを抜けて当たるのは内村の左ミドル、牛久のハイはブロックとスウェイでかわされ、内村はガードで顔面を覆う牛久のボディに左ミドルを蹴り続けた。この回はジャッジは2-1で内村と評価が割れた。

最終回、これまでと同じように蹴りの押収のなかで牛久が、組んでボディロックから足を掛けてテイクダウンを奪う。すぐに立てなかった内村に対し、牛久がトップコントロールで抑えに徹する。内村の立ち上がり際はバックでなく、足を挟む展開を選択した牛久は肩でプレッシャーを与えて内村をスタンドに戻させない。

残り1分30秒で頭を押して立ち上がろうとした内村のバックを牛久が制する。スタンドで背中に乗っていたが、やや横気味で内村が正面を向く。牛久はここで足を下ろさず、ジャンピングガードのような形でしがみつき、内村が座ってトップを取る。このまま内村のトップで試合は終了となったが、スプリットで牛久が判定をモノにした。

PR
PR

関連記事

Movie

JBJJF ALL JAPAN