この星の格闘技を追いかける

【ONE68】メインではスッパはマクラーレンの肩固めに敗れるも、意義ある敗北

<フライ級(※61.2キロ)/5分3R>
リース・マクラーレン(豪州)
Def.2R3分12秒by 肩固め
ジアーニ・スッバ(マレーシア)

左ジャブ、右に回って右ローを蹴ったスッバ。サウスポーのマクラーレンがダブルレッグへ。ケージ際でポジションをいれかえる両者。ケージを背負ったスッバが右エルボーを入れるが、マクラーレンの押し込みが続く。スッバ・チャントに応え、左フックを当てて離れたスッバが左フックから右を伸ばし、右ハイを狙う。マクラーレンのテイクダウン狙いを切り、ワンツー、右を打ち込むスッバ。

マクラーレンも左ミドルを返すが、組みに持ち込めない。残り1分、ニータップでテイクダウンを奪ったマクラーレンがマウントを奪取する。胸を合わせて細かいパンチを落とし、腕を固めて拳を打ちつける。サイドに戻って上四方からノースサウスを狙う仕種を見せたマクラーレン、ここで初回が終わった。

2R、マクラーレンが左ストレート、左ミドルを蹴るもスッバが右ストレートを合わせる。掛け蹴りを見せたスッバはニータップを切って、左ジャブを伸ばす。右ミドルハイ、左ハイを繰り出すスッバが圧力を強める。前に出て来たマクラーレンに左フックを合わせていく。

ローからパンチを入れるスッバが、テイクダウン狙いを切って右を打ち込む。さらにジャブを重ね、ダブルレッグをスプロール。テイクダウンが決まらないマクラーレンの打撃が大きくなる。ワンツーから3発目の右ストレートをヒットさせたスッバだが、マクラーレンにダブルレッグからバックを許し、テイクダウンを取られる。

同時にマウントを取ったマクラーレンは肩固めを仕掛け右にスライド、スッバはタップを余儀なくされた。メインで一本負けを喫したスッバだが、噛ませ犬でなくタイトルコンテンダーを相手に健闘&成長を見せたといえるだろう。


PR
PR

関連記事

MW

Movie

大会予定(現地時間)

TF ONLINE

ONE DAY