この星の格闘技を追いかける

【UFC FOX28】手数は間違いなくモロズだったが、ヒルが判定勝ち。ダメージなきインパクトとは?

<女子ストロー級/5分3R>
アンジェラ・ヒル(米国)
Def.3-0:30-27.30-27,30-27
マリナ・モロズ(ウクライナ)

モロズが左ジャブを伸ばし、前蹴りを繰り出す。ローを返すヒルが、右を2つ入れる。右から左、そして右ストレートを入れたヒルは、右オーバーハンドへ。モロズのスピニングバックフィストの直後に右を当てたヒル、右ローで踏み込み、右をヒットさせる。鋭いローを入れた

ヒルはクリンチからエルボー、離れて右を再び右を打ち込む。前に出ながら右オーバーハンド、さらにダブルを見せたヒルはテイクダウンこそ奪えなかったが、攻勢に。モロズも手数を減らさずに左フックをヒット。スピニングバックフィストに組みついたヒルが初回を取った。

2R、蹴りとパンチのコンビネーション、そして掛け声が途絶えることがないモロズ。接近戦でアッパーを見せたヒルだが、モロズが手数&精度ともに上回る。ヒルの右オーバーハンドに組みついたモロズだが、首投げでテイクダウンを奪われる。ガードの中からエルボーを落とすヒルは、スクランブルからスタンドに戻るとモロズが右ミドル、昼が左ミドルを返す。ケージに押しこまれても、体を入れ替えコンビネーションを打ち込んだモロズがラウンド取り返した。

最終回、モロズが左ジャブ、左ミドルを繰り出す。ヒルはパンチからロー、モロズは左ミドルを消す。当てて離れたいヒルの踏み込みジャブやミドルを合わせるモロズは、蹴りをキャッチされそうになったが、足を吹き抜き前蹴りとジャブを多用する。ヒルがケージにモロズを押し込みヒザ蹴り。これで離れたモロズが左ハイを繰り出す。ケージ際、モロズの攻撃の合間に右を繰り返すヒルだが、2Rと3Rが攻撃少ないままタイムアップに。

ヒルより多くの攻撃を出し続けたモロズだが、何とフルマークで判定負けを喫し怪訝な表情を浮かべた。2017年規定に取り入れている今大会、ジェネラルシップよりインパクトという部分でヒルの試合となったのか。

PR
PR

関連記事

MW

Movie

Grachan

ONE DAY