この星の格闘技を追いかける

【Bellator192】ヘビー級GPスタート、元ミドル級のソネンがジャクソンを判定で下し1回戦突破

<ヘビー級GP1回戦/5分3R>
チェール・ソネン(米国)
Def.3-0:29-28,29-28,29-28
ランペイジ・ジャクソン(米国)

まずはソネンが左ストレート。右ローから左のスイングを繰り出す。ソネンの左をディフェンスするランペイジ。ソネンは左をボディへ伸ばす。さらに右手を足へ伸ばしながらの左ストレート。距離が詰まったところで、ランペイジが右フック。ソネンは再び少し距離を取る。

ソネンが中に入ってくるとランペイジは右アッパーを突き上げるが、これは当たらない。組んだ両者はケージ際へ。ソネンがヒザ蹴りで突き上げた左足を抱え上げ、マットへたたきつけるランペイジ。しかしランペイジはグラウンドにいかず。スタンドを要求する。ソネンが立ち上がると、試合再びスタンドへ。ランペイジが近づくと、ソネンがカウンターで右フックを合わせる。

さらにインサイドから右を打ち下ろすソネン。ラウンド残り1分を切ったところで、右フック→左スイング→組み付いてテイクダウンを奪った。バックに回りRNCを狙い、極まらなかったものの、ランペイジの首を抱え、ガブった状態でファーストラウンドを終えた。

2R、大きなフックを振り回すランペイジに、細かくパンチを当てるソネン。組み付いてケージ際へ。ワキを差し、コツコツとヒザを突き刺す。ランペイジが体勢を入れ替えたが、これは誘いだったか。ボディロックからトップを奪うことに成功したソネンがランペイジを押さえ込む。上からパンチを散らしながら、パスを狙うソネン。ハーフガードの状態から、ランペイジの右腕を抱える。

キムラ、アメリカーナと形を変えてアームロックを狙うも極められず。それででもソネンはランペイジの右腕を離さず、アームロックを狙い続ける。ラウンド終了間近、腕を離したソネンはランペイジをキッチリと押さえ込み、試合はラストラウンドへ。

ラストラウンド、ソネンが右ジャブから左フック。さらにダブルレッグで飛び込むが、ランペイジもこれはカット。ケージ際で差し合いに。ランペイジはソネンをケージに押し込んで、ボディを連打。ソネンはランペイジの頭を抑えにいくが、ランペイジの攻撃は止まらない。

ここでレフェリーがブレイクをかける。再開後、ランペイジのパンチがソネンの顔面を捉える。ソネンのテイクダウンをカットしたランペイジがプレッシャーを強め、打ち合いをアピールするも、ソネンは乗らず。組み付いたソネンに対し、スラムを狙うランペイジだったが、反対にソネンが内掛けでテイクダウンに成功。残り1分でトップを奪った。

ところが、動きが止まったところでレフェリーがブレイク。スタンドになり、ランペイジがパンチで仕掛けるも、ソネンは足を使ってかわし、試合終了を迎えた。ジャッジは3者とも29-28でソネンの勝利を支持。14キロ差をはね除け、元ミドル級のソネンがヘビー級GP1回戦を突破した。

PR
PR

関連記事

MW

Movie

Grachan

ONE DAY