この星の格闘技を追いかける

【RFC43】イ・ギルウがダウンを奪い、急所蹴りにもペース乱さず朝倉未来に判定勝ち

<フェザー級/5分3R>
イ・ギルウ(韓国)
Def.3-0
朝倉未来(日本)

サウスポーの朝倉にイが右ミドルを蹴る。朝倉は前に出てきたイに左フックを合わせようとする。さらに左ハイを見せた朝倉にイは飛び込んで右を伸ばす。続くイのテイクダウン狙いを潰した朝倉は後ろ回し蹴り。イは右を放ち、朝倉のワンツーの直後に右フックを打ち込みダウンを奪う。

パウンドを入れ、マウントを奪取したイは そのままバックに回りRNCへ。しかし、背中を取り切れておらず、朝倉が胸を合わせつつ立ち上がる。イの左フックの打ち終わりに左を当てた朝倉は間合いを測りつつ、右を伸ばす。イのシングルをギロチンで切った朝倉が引き込むも、頭を抜かれる。バックを取ったイは背中を自らつけてグラウンドへ。足をフックさせなかった朝倉が胸を合わせて上を取り返したところで初回が終わった。

2R、朝倉が左ローを入れる。と、続く左ローがイの急所に当たってしまう。苦悶の表情を浮かべ、マットに倒れこむ。暫く時間が過ぎ、ケージを背にして座り込むイが、試合再開に応じる。リスタート後、組んだイがバックに回る。朝倉が胸を合わせると、同時にシングルに出たイがテイクダウンに成功し、サイドで抑え込む。ニーインベリー狙いにブリッジから立ち上がった朝倉がローを入れ、左ハイを狙う。

イは右ボディフックを返すが、かなり様子見のファイトに。イのテイクダウンを切った朝倉が右フック、イもフックを返す。残り1分、朝倉の右ハイにもイは前に出て右を当ててダブルレッグへ。ここも背中をつけた朝倉はこのままラウンド終了を迎え、劣勢を挽回することはできなかった。

最終回、イのテイクダウン狙いに右を合わせた朝倉だが、そのまま倒される。ワキ差しパスを許すと同時に胸を合わせてトップをとった朝倉は左のパンチを入れる。イは正対しつつ立ち上がるが、直後に左ローを蹴られる。朝倉はローを続け、テイクダウンには頭を抱えるもシングルからダブル、アンクルピックと組みで圧された状態が続く。

残り80秒でブレイクが掛かり、試合はスタンドの間合いに。朝倉の左、そして右フックに距離を取るイ。ローを受けてもパンチを当てられないで戦うイは、構えを変える場面も。それでも、かなり遠い距離から組み付く。左ワキを差して切り返そうとした朝倉だが、イが踏ん張りケージに押し込んだ状態で試合終了を迎えた。

急所蹴りのアクシデントにも、ペースを譲ることなく組みに切り替えて致命傷を負わないように戦ったイが、判定勝ちを手にした。

PR
PR

関連記事

Tokyo Int JJC

Movie