この星の格闘技を追いかける

【UFN118】気迫のテイクダウン&足関駆使でマーチン・ヘルド、4戦目でUFC初勝利

<ライト級/5分3R>
マーチン・ヘルド(ポーランド)
Def.3-0:30-27.30-27.30-27
ナスラ・ハクパレス(ドイツ)

UFCで結果が出ない実力者ヘルドが、母国で歴史上の天敵といえるドイツ人ファイターのハクパレスを迎え撃つ。素早い出入りを見せるハクパレスが、蹴りでバランスを崩すもすぐに立ち上がる。アッパーを狙うハクパレス、さらにハイを蹴っていく。左が交錯し、ヘルドも真っ向から打撃戦に応じると、右をヒットさせる。スラッピーな打撃戦のなかで、ハクパレスの左がヘルドを捉える。直後に組みに行ったヘルドは低い姿勢でダブルを仕掛けるが、ハクパレスがケージを背にして耐える。

それでも執拗にくみ、アンクルを取りに行ったヘルドが、ダブルに切り替えてついにテイクダウンに成功する。ハクパレスはクローズドガードを取り、ヘルドがエルボー&パンチを入れて初回を取った。

2R、タッチグローブと見せかけて殴りにいったハクパレス。ヘルドはワンツーを入れるが、左を受けてダウンする。寝技に移行せず、立ち上がったハクパレスはダブルレッグを切り、左を当てる。手をついての回し蹴りから、組んだヘルド。これも切ったハクパレスだが、スピニングバックフィストを当てる。組み合いからジャンピングガード、足関節を狙ったヘルドだが、ハクパレスが離れて足を抜く。

続く攻防で投げを決めたハクパレスをヒザ十字に捉えたヘルドは、そのままスクランブル戦に持ち込みトップ&サイドを奪取する。ハーフに戻したハクパレスだが、パンチを落とされすぐに立ち上がることができない。ハクパレスのスクランブル狙いも潰したヘルドは鉄槌をガードの中から落とす。蹴り上げにも、スクランブルをさせなかったヘルドがエルボーを2発入れ、この回を持ちこたえた。

最終回、開始早々にダブルレッグをヘルドが決める。ハクパレスが足を効かせようとすると、ヒールフックを仕掛けスクランブルを許さない。ガードを取ったハクパレスに再びヒールを仕掛け、立ち上がろうとすると潰すヘルドが懸命に彼流のスコアリングを駆使する。ハーフからキムラを狙いつつ、ハクパレスが腕を差してくるとダースで対処し、ついにパスからマウントを奪う。背中に乗り過ぎ、腕十字に移行するもこれをハクパレスが抜いて立ち上がる。

続く組みの展開でジャンピングガードを見せたヘルドは、暫くハクパレスを寝技に付き合わせる。スタンドに戻ったハクパレスに対し、ヘルドがテイクダウンを仕掛ける。これを切ったハクパレスが左を当て、ヘルドは組みへ。テイクダウンを着られたヘルドは、最後はパンチの打ち合いに付き合いタイムアップに。

最終回、序盤のテイクダウンからの攻撃がいかに評価される。結果、なぜか初回までヘルドのラウンドとなり、フルマークの判定勝ちで4度目の正直

「とても嬉しい。これが始まりだよ。ハクパレスは僕が思ったより良いファイターだった。テイクダウンからサブミットしたかったけど、勝てて本当にハッピーだ」と勝利の味を噛みしめるように語った。

PR
PR

関連記事

Tokyo Int JJC

Movie