この星の格闘技を追いかける

【UFC216】初回のピンチを乗り越えたダナムが持ち直し、ダリューシュとドローに持ち込む

<ライト級/5分3R>
ベニール・ダリューシュ(米国)
Def.1-0:29-28.28-28.28-28
エヴァン・ダナム(米国)

サウスポー同士、左を打ち合うとダナムが足を使う。互いに前に出た右を打ち合い、ダナムはテイクダウンを狙うもダリューシュが首相撲からヒザを突き上げる。ダリューシュの左で、少しバランスを崩したダナムはパンチの打ち終わりに被弾する場面が多い。と、ダリューシュが左のエルボー2発で崩れたダナムにバックを制し、パンチを連打する。前転してガードを取ったダナムだが、スクランブル&足関節狙いに重いパウンドを落とされる。

ハーフから潜ろうとしたダナムを潰したダリューシュが、オーバーフック&ボディへのヒアでダナムを追い込む。懸命にスイープや巻き込みで窮地を脱しようとするダナム。ダリューシュは落ち着いて足関節を防いでトップをキープしてパンチ&エルボーを打ち込む。残り20秒でダナムがスタンドに戻り、そのまま初回が終了した。

2R、勢いよくパンチを振るうダナムに対し、ダリューシュは左ストレートを打ち込む。ヒザ蹴りに組みついたダナムはボディロックからテイクダウン。ダリューシュは右足を取られた状態で、右足でラバーガードを仕掛け、肩を極めに掛かる。オモプラッタに移行したダリューシュが、腕を抜かれたと同時に立ち上がる。胸を合わせたダリューシュは、ここでもオーバーフック&ヒザ蹴り、離れて左ローを走らせる。

ロー&右ジャブを入れたダリューシュは、左足を取られてケージに押し込まれるも離れて左を当てる。ケージ際でクリンチ&ヒザと、クリンチ&アッパーの攻防となり大きな差のない2Rが終わった。

最終回、ダナムの右ハイがダリューシュの顔面をかすめる。右ジャブに続き、左ローを入れたダリューシュは左フックを被弾する。ダナムがペースを握り始め、右ジャブと左フックで前に出る。パンチに意識をいかせてダブルレッグで組み付いたダナムが、細かいパンチを続ける。離れた両者、打ち負けないダナムだが左ローからジャブで前進を止められペースを握るまではいかない。

残り1分、ダリューシュの左フックがダナムの顔面を捉える。ダナムは左ローに左を合わせ、フックを振るいながら前に出る。その勢いにダリューシュが下がるようになり、ケージを背にした状態でタイムアップを迎えた。

初回は10-8でもおかしくないラウンドだが、2Rと3Rはダナムのラウンドでもおかしくない。結果、ダリューシュが1票を入れたドローとなった。

PR
PR

関連記事

Tokyo Int JJC

Movie